ここから本文です

オーディションでスタッフから黄色い声が… 岩合光昭さんが惚れた大型新人とは?〈週刊朝日〉

2018/12/25(火) 11:30配信

AERA dot.

「現れるなり、壁際に立っていたスタッフの足元を巡り、ひとりひとりに挨拶したんです。黄色い声があがりました(笑)」

 そう語るのはこの作品で初めて映画監督を務めた動物写真家の岩合光昭さん。「ベーコンがいなかったらこの映画はできなかった」と言う。

「驚くほどの演技力でした。カメラがまわると、場面に応じてちゃんと立ち止まったり見上げたりするんです。いちばん感動したのは、主演の立川志の輔師匠のおなかの上で眠ってくれたことですね」

 撮影中は毎朝ベーコンに会いに行き、脚本を見せながら「今日はここだからね、お願いします」「いい猫(こ)だね」と話しかけていたという岩合さん。そうして生まれた信頼関係が伝わってくる。(本誌・伏見美雪)

※週刊朝日  2018年12月28日号

最終更新:2018/12/25(火) 12:32
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

あなたにおすすめの記事