ここから本文です

「マルボロ」親会社、マリファナ事業に続き巨額投資 米の超人気電子タバコに1兆4000億円

2018/12/21(金) 19:48配信

KAI-YOU.net

「マルボロ」などで知られる、アメリカのタバコ産業の巨人「Altria Group」(アルトリア社)が、またも超巨額の投資を行なったことがわかった。「Wall Street Journal」が報じている。

【画像】アメリカの“超”人気電子タバコ

投資先は、現在アメリカで爆発的なヒットを飛ばしている電子タバコ「JUUL」(ジュール)を販売するJUUL社。投資額は128億ドル(約1.4兆円)にものぼる。

アルトリア社はこれでJUUL社の35%の株式を取得したことになる。

アメリカで人気爆発のJUUL

「JUUL」は、USBのようなかたちをしたガジェットとしてのスタイリッシュさと、既存のタバコユーザーが満足できる吸い口で、アメリカで爆発的な人気を誇っている電子タバコ。

マーケット調査会社のニールセン社によると、JUULの売り上げは2018年6月時点で2017年から783%増の約9.4億ドル(約1000億円)にものぼり、さらにはアメリカのeシガレット市場において71%という圧倒的なシェアを誇っている。

今回の投資により、JUUL社の時価総額は380億ドル(4.2兆円)に。Vape(Vaporizerの略)などの電子タバコがヒットするアメリカにおいて、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いとなっている。

マリファナ産業に巨額投資したばかり

アルトリア社は、「マルボロ」「フィリップ・モリス」で知られる世界最大のタバコメーカー。

今月には、カナダのマリファナ事業の会社「Cronos Group」を、マリファナ産業では最高額の18億ドル(約2000億円)を投資したことが、海外メディアを中心に大きな話題となったばかりだ。

2017年にフォーブスが発表した「世界の有力企業2000社ランキング」では食品飲料・たばこメーカー部門で7位にランクインしている。

マリファナ産業、そしてeシガレット産業と、世界最大手タバコ企業による巨額投資が相次いでいるが、今後の動向からますます目が離せない。

和田拓也

最終更新:2018/12/21(金) 19:52
KAI-YOU.net

あなたにおすすめの記事