ここから本文です

NEWSの熱唱にSNSで感動の声が続々「涙が止まらない」

2018/12/21(金) 11:25配信

ザテレビジョン

12月20日に放送されたスペシャル番組「一曲NEW魂!!!!」(フジテレビ系)で、NEWSの小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久、手越祐也が群馬・妙義山に登り、大自然の中、魂で歌い上げるという前代未聞の企画に挑んだ。

【写真を見る】「ザ少年倶楽部 プレミアム」に出演したNEWS

標高1104m、日本三大奇景の一つといわれる妙義山は難易度も高く、アウトドア用品専門店のスタッフ装備監修の下、10人以上もの山岳ガイドが付き添うという万全の体制でアタックを開始した。

小山が「キツイはキツイっすよ? ただね、テンション隊長の手越さんがいるんで、笑かしてもらってます。それが救いっすね」とこぼすほど急な勾配と荒れた岩場が続いた。

高さ30m傾斜80度の岩壁・奥の院では、手越でも「おー、なかなかのところ登るんだね!」と声を上げたほど。

加藤も「でもなんかちょっと楽しそうかな、あんまり怖さはないな」と軽い興奮状態にあったが、高所恐怖症の増田は「やーマジ超怖え」とポロリ。バディを組んでいる小山と互いに足場を確認しつつ、ゆっくり歩を進めた。

登山口で「山好き、みんな? 俺、山登る人の意味があんま分かんないんだけど、まだ」とこぼしていた加藤は、登るにつれて「登山してるって感じだね!」とハイテンションに。

バディの手越も「こりゃすげぇ! 楽しい。きれい過ぎてなんかもう恐怖心吹き飛ぶね、これ。素晴らしい!」と絶景を楽しんだ。

しかし奥の院を登った後は山の稜線を進むため、少しでも正面から目をそらせばどこを見ても断崖絶壁。

メンバーの懸念通り、増田の口からはついに「うわぁ、これもう無理だわ…立てない」と諦めの言葉が出てしまう。

先に登った小山は岩壁の下で葛藤する増田の状況を報告した上で「(増田は)たぶん来ると思うんで、俺、先進んで待ってようかなって。増田さん信じて!」と相談。

加藤と手越も同意すると道幅80cmの稜線を進み、出発から約7時間をかけて完登した。しかし増田は無念のリタイヤ。

「登らないでいいの? 良かった! じゃなくて、ちょっとホント登れないですね…」と高所恐怖症に打ち勝てなかった悔しさをにじませていた。

とはいえ、4人そろって歌わなければロケは終わらない。ディレクターから裏妙義の別ルートを提案され、翌日再トライすることに。

翌朝6時30分、メンバーは裏妙義・国民宿舎を出発し、裏妙義・籠沢ルートを経て頂上にある難所「丁須の頭」を目指す。

登頂できなかった悔しさから一睡もできなかったという増田は、疲労と恐怖心を抱えたまま再トライに挑んだ。

「まっすー歌ってくんないと。NEWSですから。4人でNEWSなんで!」と再びバディを組んだ小山と共に、断崖絶壁を視界に入れないなどの工夫をした増田は12時に完登。頂上にそびえ立つ巨岩・丁須の頭へ登り、メンバー全員で「生きろ」を熱唱した。

SNS上では、長年のファンのみならずNEWSを初めて意識して見たという視聴者からも、「ヤバい、涙が止まらない」「ティッシュなくなった…」「母親まで号泣w」などと応援と感動のコメントが続々とアップ。Twitterでは“一曲NEW魂!!!!”がトレンド入りするほどの盛り上がりを見せていた。(ザテレビジョン)

最終更新:2018/12/21(金) 11:25
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事