ここから本文です

湘南の5選手にアンケート! 2018年シーズンのベストプレーヤーは?

2018/12/22(土) 8:36配信

SOCCER DIGEST Web

菊地と秋元はチャナティップの技術力の高さを評価

2018年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票で年間MVPを決定する毎年恒例の「ベストプレーヤー企画」。曺貴裁監督が指揮を執って7年目となる今季、ルヴァンカップ初優勝を果たした湘南からは、山﨑凌吾、菊地俊介、秋野央樹、山根視来、秋元陽太にアンケートに回答してもらった。果たして1年間争い続けたライバルチームからどの選手を選び、どう評価したのか。投票結果をコメントとともに見ていこう。
 
●山﨑凌吾(FW)
1位 ウーゴ・ヴィエイラ(横浜/FW)
2位 興梠慎三(浦和/FW)
3位 東口順昭(G大阪/GK)
【選出理由】
 H・ヴィエイラ選手は、ゴール前で落ち着きがありましたね。興梠選手はボールの引き出し方が賢く、タイミングも含めて本当に上手いなという印象があります。東口選手はシュートストップに優れていると感じました。
 
●菊地俊介(MF)
1位 チャナティップ(札幌/MF)
2位 ウーゴ・ヴィエイラ(横浜/FW)
3位 都倉 賢(札幌/FW)
【選出理由】
 チャナティップ選手はドリブルのスピードが速く、テクニックもある。H・ヴィエイラ選手はとにかくシュートが上手くて、うちも4点取られた。都倉選手は勝負強く、アディショナルタイムに決めている試合が多い。
 

【PHOTO】Jリーグを華やかに彩るチアリーダーたち!

●秋野央樹(MF)
1位 中村憲剛(川崎/MF)
2位 家長昭博(川崎/MF)
3位 駒井善成(札幌/MF)
【選出理由】
 中村選手は年々進化し、まだまだサッカーを追求している。見習わないといけないですね。家長選手はキープ力が凄くて、タメでいいアクセントをつけている。複数のポジションをこなす駒井選手は札幌躍進の立役者のひとり。
 
●山根視来(DF)
1位 ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/FW)
2位 小池龍太(柏/DF)
3位 ジェイ(札幌/FW)
【選出理由】
 D・オリヴェイラ選手はパワーが驚愕なうえ、足も速い。小池選手はドリブルとスタミナ。ルヴァンカップ準決勝・第2戦で見せたように、終盤にあれだけ前へ運べる選手はそういない。ジェイ選手はポストプレーが上手い。
 
●秋元陽太(GK)
1位 チャナティップ(札幌/MF)
2位 東口順昭(G大阪/GK)
3位 クォン・スンテ(鹿島/GK)
【選出理由】
 チャナティップ選手は重心の低いドリブルとシュートが上手かった。東口選手はミスが少なく安定している。チームの躍進を最後尾から支えており、僕もプレーを見て学んでいます。クォン・スンテ選手はメンタルが強い。
 
取材●隈元大吾(フリーライター)

最終更新:2018/12/22(土) 8:36
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事