ここから本文です

あなたどうするつもり? 子どもにスマホを持たせる年齢は議論の余地がある

2018/12/23(日) 8:11配信

ライフハッカー[日本版]

携帯電話やスマホを手に入れることが、子どもにとって一種の通過儀礼のようなものになりました。

【画像】あなたどうするつもり? 子どもにスマホを持たせる年齢は議論の余地がある

親は、いつ与えるのがいいのか、早すぎやしないかと悩むことが多いです。今や子どもが初めて携帯電話を手に入れる平均年齢は10歳で、初めてSNSのアカウントをつくる平均年齢は12歳です。

しかし、IT業界のリーダーたちは、自分の子どもにはティーンネイジャー、つまり13歳以上になるまで携帯を持たせないという、この平均年齢に逆らうような新しい基準を持っています。

IT業界のリーダーたちは子どもにスマホを与えたがらない

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツは、自分の3人の子どもには、14歳になるまで携帯は与えないと最初に公表した人物です。

そして、そう言っているのは彼だけではありません。「Common Sense Media」の創業者兼CEOのJames Steyerも、高校生になるまで自分の子どもには携帯を与えないと言っています。

また、子どもが自制心があることや、対面のコミュニケーションを重視していることを示した後にしか、携帯は与えられません。


最近、雑誌「Wired」の元編集長のクリス・アンダーソンは、子どもが高校生になる前の夏休みまで携帯は与えない、とニューヨーク・タイムズ紙に語っていました。

アンダーソン氏はスマホについて「(ドラッグの)キャンディとクラック・コカインで言えば、クラック・コカインに近い」と言いました。

テクノロジーがこのような製品を生み出し、技術革新を見てきたライターは浅はかだったと言っています。

アンダーソン氏は「私たちはスマホをコントロールできると思っていたのです。スマホは人間の力でコントロールできるものを超えています。スマホは発達途上の子どもの脳の快楽中枢に直接働きかけます。スマホは普通の親が理解できるキャパを超えています」。

スマホを子どもに与えるべきか?

スマホを与える時期を遅らせたい親と、友だちはみんなスマホを持っていると訴える子どもとの争いは現実にあります。子どもは仲間に入りたいし、友だちとつながっていたいのです。親はスマホ中毒になって欲しくない、もしくは一見無害に見えるけれど実際は有害な得体の知れないSNSやアプリで、自分をさらしたりして欲しくないと思っています。

学校から家まで歩いて帰ってきたり、放課後に部活動に参加したりして、子どもが成長し、自立するにつれ、安全面や利便性の両方の観点から、子どもにスマホを与えることは正しい判断のような気がしてきます。

しかし、Facebookの役員補佐として働くAthena Chavarriaは、異なる意見を持っています。彼女は「自分の子どもがクラスで最後にスマホを手にしたら勝ちだ」という信念を持っています。

他の親御さんは“子どもがどこにいるかわからなかったり、子どもが見つからない時に心配じゃないの?”と言います。私は“いいえ、子どもがどこにいるか常に知る必要はありません”という姿勢です。

当然ながら、友だち全員(もしくは少なくとも大半)がスマホを持っているのに、自分だけ持っていないティーンネイジャーは、放課後にみんなで計画を立てたり、連絡を取り合ったりする時に辛いです。

1/2ページ

最終更新:2018/12/23(日) 8:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事