ここから本文です

ザギトワら撃破 14歳の新女王誕生に露メディアも衝撃「シェルバコワって誰だ」

2018/12/23(日) 9:19配信

THE ANSWER

ロシア選手権SP5位から逆転V「センセーショナル」「予想するのは不可能」

 フィギュアスケートのロシア選手権(サランスク)は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位の14歳アンナ・シェルバコワが155.69点をマークし、合計229.78点で逆転V。ジュニア勢で表彰台を独占した。SP1位だった平昌五輪女王アリーナ・ザギトワらを抑えた若きロシア女王誕生に対し、母国メディアも「アンナ・シェルバコワって誰だ」と衝撃が走っている。

【画像】美しさもハイレベル!? 14歳トルソワ&15歳コストルナヤに挟まれ表情は…試合後、シェルバコワの“ロシア新3強ショット”の実際の写真

 ロシアに美しき新女王が誕生した。その名はシェルバコワだ。冒頭の4回転ルッツを含め、完璧な演技を披露。ザギトワ、メドベージェワら実績ある実力者がひしめき合った国内女王決定戦で栄冠を手中に。2位トルソワ、3位コストルナヤとともにジュニア勢で表彰台を独占し、“ロシア新3強”をアピールした。

 その衝撃は、ロシア全体にとっても絶大だった。スポーツ紙「スポルトエクスプレス」は「ザギトワとメドベージェワに勝ったアンナ・シェルバコワって誰だ」と見出しを打って特集。「14歳のトゥトベリーゼの教え子がセンセーショナルに女子シングルの国のチャンピオンになった」とレポートしている。

 記事では「もし、誰かがロシア選手権の女子シングルの順位を予想していたら、すべて間違えていただろう。アンナ・シェルバコワがチャンピオンになるなど予想するのは不可能だった。なぜか? なぜならシェルバコワはGPファイナルで6人中5位だったからだ」とつづり、予想外の戴冠を伝えている。

本人もびっくり「正直言って…予想していなかった」

 4回転ルッツのほか、ノーミスの演技を披露した一方、トルソワは転倒が響いたことを伝えた上で「何よりも構成点の差がシェルバコワに有利に働いた。これは正しいのか? そうだ。なぜなら、この少女は独特のスタイルで、4回転ジャンプを跳ぶ上に、それとともに魂を込めた優美な滑りと可愛らしい微笑で人々を惹きつける」と評した。

「アンナはまだたった14歳で全くの小さい子だが、技術的な複雑性と滑りの美しさの結合という点においては一番良いと言える」

 このようにつづり、賛辞を並べた。一方で、本人自身も「sports.ru」によると「とても自分の滑りに満足しています」と語りながら「とても嬉しい。けど、正直言って……予想していなかった」と語ったという。またしてもロシアから現れた逸材。今後、どんな成長曲線を描いていくのか。期待は膨らむばかりだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:2018/12/23(日) 15:15
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事