ここから本文です

『スパルタ婚活塾』に学ぶ! “彼氏にプロポーズさせる”方法とは?

2018/12/24(月) 22:40配信

with online

ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』の原案にもなった名著『スパルタ婚活塾』から、プロポーズされるための極意を学ぼう!

プロポーズの前提として...... 「小悪魔からリラックマ」理論

「お金」「束縛」に対する不安を「ギャップ」で払拭!

仲良くつきあっていても、いざ結婚話となると、はぐらかそうとする男性がいるのも事実。 水野敬也さんは『スパルタ婚活塾』で「男が結婚を避ける本当の理由、それはお金や束縛に対する『不安』があるから」と断言。 つまり、男性の多くは「結婚すると自分が稼いだお金を妻に浪費されるのではないか」「自分の時間が奪われるのではないか」という不安を抱えてる、ということ。

その不安を解消するためには ――。たとえば、交際前はどんな高級な店でも物怖じせずに普通に受け入れるリアクションを取ったとしても、つきあってから、 何かのタイミングでファミレスに入ったときなどに「この値段でこの味はコスパよすぎない?」 と称賛して「意外とお金のかからない女」だと伝えてみる。また、つきあい始めは「浮気は許さない」と宣言しておくが、それ以降は束縛をしない。

「交際前は手に入るようで手に入らない『小悪魔』的スタンスを取っていたとしても、交際後は男をリラックスさせる内面をギャップとして見せる。それが『小悪魔からリラックマ』理論。これで、男性の心は結婚に大きく傾きます」(水野さん)

僕はこうしてプロポーズすることになりました!

★早くから家族ぐるみになり、流れのままに
交際を始めてすぐの頃、彼女に「旅行のついでに、実家に寄らない?」と言われ、そのまま素直に従うことに。その後も何かと実家のイベントに誘われ、いつの間にか家族ぐるみの関係に。 彼女の両親ともどんどん仲良くなり、年末年始も実家に泊まりに行くほど。「当然、いつかは結婚」という空気になり、その流れのままプロポーズ、入籍しました。(30歳・自動車)

★結婚について最初からオープンに話していた
彼女は年齢的にも結婚を前提とした恋愛がしたかったらしく、 つきあって最初に「結婚の意思があるか」「いつごろプロポーズを決意できるか」まで確認されました。そのつもりがなければ、 すぐに別れるつもりだった様子。その後もプロポーズや結婚について話し合うことが多かったので、結果的に余計な心配や緊張もせずにプロポーズできて、楽でした。(34歳・IT)

★話の流れでプロポーズの約束をすることに
自分も30代前半だったので、結婚はまだ先と思っていたし、彼女が結婚を本気で考えているとも思っていなかったんです。でも、彼女の28歳の誕生日、普通に祝っていたら、どういうわけかプロポーズを期待していたらしく、「私の気持ちわかんないの!?」と激怒され......。いつのまにか次のクリスマスにプロポ ーズすることになっていました。(35歳・メーカー)

1/2ページ

最終更新:2018/12/24(月) 22:40
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事