ここから本文です

大谷翔平に読者の質問をぶつけてみた。「三振の多さをどう考えている?」

2018/12/25(火) 14:31配信

Number Web

 「大谷翔平選手のインタビュー、いつも楽しみに読んでいます。そこでお願いなのですが、次回のインタビューで大谷選手に『三振についてどう考えているか? 』を聞いて欲しいです。

【動画】何度でも見たい大谷翔平の半端ないHR。

 大谷選手は三振の多いバッターだと思いますが、三振は減らすべきものと考えているのか、それとも打撃内容が良ければ三振が多くても気にしないのか、どう考えているのか興味があります」

 Numberの読者から編集部にこのような投稿があったのは、2018年の夏のこと。最終的にメジャー1年目の大谷翔平はバッターとして367打席に立ち、22本のホームランを打った一方で102個の三振を喫した。

 1年目に三振数が100を超えた日本人メジャーリーガーは、'05年の井口資仁(114個)、'07年の岩村明憲(114個)、'08年の福留孝介(104個)に次いで4人目だ。しかし、この3人はいずれも500打席を超えていたから、大谷の三振の割合は突出して高い。

三振したくないと思ったら……。

 そこで、シーズンを終えて帰国した大谷にNumber 968・969号「スポーツブーム平成史 熱狂を超えろ」のインタビューの際、この質問をぶつけてみた。

 ――メジャー1年目、三振が多かったことをどう考えていますか。

 「それは(三振を)しない方がいいというのは、普通に考えればその通りなんですけど……これも実力が足りないなりに、捨てた部分ではあります。『何を捨てて、何を拾うか』なので、そういう数字が伸びてくるというのは予想していました。おそらく、『三振したくないな』と思っていたら、打率もホームランも下がっていたかなと思いますけどね」

「克服できれば必ず減る」

 ――2ストライクからもまるで三振を恐れず、フルスイングしているように見えました。

 「そうしないと、次に繋がらなかったので。じゃあ、『三振をしないのが、いいバッティングなのか』と言われると、自分に求められているのはそうではないですし。打率も出塁率も残しながら、求められているのは長打力だと思っているので。

 三振に関しては今後、ちゃんと練習して克服できれば必ず減ると思います。三振が減ればフォアボールも増えますし、出塁率も高くなります。なので、今は単純に実力がないからそうなっているだけ、ということですね」

 屈強なスラッガーが居並ぶメジャーリーグに身を投じても、1年目から「長打力を求められている」と自覚して打席に立てる。大谷の三振の多さは、そんな芯の強さの裏返しでもあった。

(「Number Ex」田村航平(Number編集部) = 文)

最終更新:2018/12/25(火) 14:56
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

970号
1月17日発売

定価590円(税込)

<テニス開幕特集>ラブゲームで行こう。
大坂なおみ×錦織圭

【独占インタビュー】 高橋大輔/村田諒太/吉田輝星/森保一

あなたにおすすめの記事