ここから本文です

平成最後の「箱根駅伝」も青学は強いです! 〈平成初の5連覇、史上初の2度目の3冠達成はなるか? 〉【全文公開】――文藝春秋特選記事

2018/12/28(金) 11:00配信 有料

文春オンライン

2018年の箱根で4連覇を達成

渡辺 2019年1月2日、3日、箱根駅伝が開催されます。注目はやっぱり原さんが率いる青山学院大学ですね。5連覇がかかります。

原 今季もうちは強いですよ(笑)。例年通り、普通にスタートラインに立てれば、5連覇は高確率で狙える位置に来ていると思います。

渡辺 今季は前回までとはまた違ったチームですね。絶対的なエースとレースの流れを変えることができるゲームチェンジャーがいない代わりに、全員がエース級で選手層がものすごく厚い。

原 過去のうちの優勝チームと比較しても弱くない。むしろデータ的には今季の方が強い部分もあります。前回の優勝メンバーも7人残り、経験値も蓄積されている。早く本番が来ないかなという感じです。

渡辺 10月に行われた出雲駅伝や11月の全日本大学駅伝の方が、距離が短い分もしかしてという要素がありました。青学はそこも制し、16年以来の大学駅伝3冠に王手をかけています。10区間・総距離217㎞を走る箱根はチームの総合力が試される。他チームの逆転はちょっと考えにくいですね。あとは5連覇の重圧をどう克服するかですけど、青学の選手を見ているとプレッシャーとは無縁な気がします。 本文:7,473文字 写真:5枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

原晋×渡辺康幸/文藝春秋 2019年1月号

最終更新:2018/12/28(金) 11:00
記事提供期間:2018/12/28(金)~2019/8/25(日)
文春オンライン

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る