ここから本文です

木村拓哉、足ツボで悶絶&肉まん作りに挑戦!

2018/12/30(日) 12:05配信

ザテレビジョン

12月30日、 TOKYO FMの「木村拓哉 Flow supported by GYAO」放送後、木村のネット番組「木村さ~~ん!」の#22が配信された。

【写真を見る】アツアツの肉まんをほおばる木村

今回も横浜中華街ぶらぶら散歩の続きからスタート。番組ディレクターの蔵持総監督の初タピオカについて話をしながら、足つぼマッサージへ行く2人。木村は「ねぇ、何で?中華街で足つぼマッサージ…テレビでよくやってる痛い痛い痛い!とかいうやつでしょ? いらない、いらない」とお断りを。道中、崎陽軒を見つけると「崎陽軒とか行こうよ」と提案する木村。さらに「フカヒレ専門店でいいでしょ」とフカヒレが食べたそうな木村。だが、蔵持総監督に足つぼマッサージへ促される。

「え~。フカヒレでいいだろう」と足裏健康館へ入店。今回は、お金をおろしてきたという蔵持総監督が支払い、乗り気じゃない木村はマッサージを体験。優しめのマッサージから始めた木村は、「欲しがっていた画ではないのでは?」と言うと、隣で痛そうな蔵持総監督は、「“激痛コース”いきます?」と提案。だが、目のツボを押された木村は「痛ってぇな、痛ってぇ」と悶絶し始める。そして3分しか経っていないことに驚き、自分が10分コースを受けていると聞いてさらに悶絶。痛さはのちの健康には関係ないそうで、リラックスコースに変更する木村と蔵持総監督。すると蔵持総監督が「今ジャンケンで負けた方が激痛に切り変えるのはどうですか?」と提案。それにのった木村は「僕はパーを出すね」と宣言。

ジャンケンに勝ったのはどっちか、そして激痛コースに悶えるのはどっちだ?

最後は元気が出るツボで締めることになったが、そのツボが激痛で木村は「何でこんなに痛いの!?」と衝撃を受ける。

お店を出て、隣のフカヒレ店に行きたい木村だったが、肉まんを作りに連れて行かれ、早速肉まんを作ることに。

アツアツの肉まんのお味はいかに? 木村が受けたサプライズと共にお楽しみに!

(ザテレビジョン)

最終更新:2018/12/30(日) 12:05
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン26号
6月19日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事