ここから本文です

「まったく別のクルマに見せたかった」スズキ・スペーシアギアの開発エンジニアに直撃インタビュー

1/1(火) 16:04配信

WEB CARTOP

幅広いユーザーに対応するためターボも用意

──走りに関する標準仕様からの変更点は?

鈴木:変えていません。サスペンションもパワートレインもまったく同じものを使っています。

──「ギア」を企画した際、ユーザーからはとくに悪路走破性や耐久性に関するニーズは挙がらなかったのでしょうか?

小杉:ニーズはあると思いますが、まず標準仕様にターボエンジンの設定がありませんので、それを補完するのに加え、「ギア」のコンセプトを考慮するとターボは必要だろうということで、NAとターボから選べるようにしました。

またスペーシアは、子育てファミリーの使い勝手がコアバリューになっていますので、そこは維持しながら、デザインで今までにないものを訴求したいと考えました。

鈴木:ジムニーもハスラーもありますので、悪路走破性や耐久性はそちらに任せる、ということもありますね。

──標準仕様に対する価格の上昇はどの程度になるのでしょうか?

鈴木:まったく同じというわけにはいきませんが、標準仕様とカスタムの間に入らなければダメだということは初めから意識していました。

──カスタムより安いのであれば、「ギア」に飛びつくユーザーは多いのでは?

小杉:「ギア」には標準仕様でオプション扱いのものが標準装備されていますので、お買い得という意味でも魅力的だと思います。

──「ギア」の販売構成比はどのように想定していますか?

鈴木:1割くらいいけばよいと思っていますが、標準仕様やカスタムに取って代わるものになるとは考えていません。標準仕様やカスタムの台数を減らさず純増できればと期待しています。競合車がいませんので、他車からユーザーが流れるというのは想像しにくいですね。

──スペーシアを販売台数No.1に押し上げる存在になる可能性を秘めていると思います。ありがとうございました。

遠藤正賢

2/2ページ

最終更新:1/1(火) 16:04
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事