ここから本文です

毎月「支出を1万円減らす」裏ワザ4選

1/2(水) 17:20配信

ananweb

もしもあなたが節約に関して初心者なら、まずは月1万円を貯蓄してみてはいかがでしょうか。月に1万円と考えれば、1日に換算すると約333円。ハードルはかなり低いはずです。ただこれが、全ての節約の基本であり、ここをクリアできればそれ以降の節約も上手くいくと言えます。そこで今回は、資産運用・トレーディングのプロである山田良政さんに“毎月1万円支出を減らすワザ”をご紹介いただきます。

■1番お金をかけていることにメスを入れる

まず、“1番お金をかけている部分”を大幅に削減すること。おそらく、最もシンプルで最も難しいのがこの方法だと思います。お酒、お菓子、ネイル……“欲”をコントロールすると、確実にお金は貯まります。

しかし、これには非常に強い自制心が必要であり、完全にストップすると、かなり強いストレスを感じることになるでしょう。

そこで、かけるお金を“2割”に抑えるようにしてみましょう。これまでかけてきた金額にもよりますが、月に1万円以上貯まる場合も。

また、単なる見栄のために行っていることや、いやいや行っていることなどは、今すぐやめるようにしましょう。

例えば、彼氏がタバコを吸っているという理由で自分も吸っていたり、仕事の休憩時間にみんなの会話の輪に入りたいがために、高いランチを食べていたりするなら、すぐにやめましょう。

■財布の中に千円札を少なめに、1万円札を入れておく

財布の中身を変えることで、使い方が変わってくる場合もあります。

まず、クレジットカードを使うのを止めて、現金で生活してみましょう。クレジットカードは便利ですが、お金に対する感覚を鈍らせることもあります。

その上で、財布の中へ千円札は少なめに、1万円札を入れるようにしてください。1万円札を崩したくないという心理が働き、無駄な支出を抑えることが可能になるのです。

■週に1度、お金を1円も使わない「ノーマネーデー」を儲ける

あなたは週に1度、お金を全く使わずに生活できますか? 意外と1日程度なら“ノーマネー”で暮らすこともできなくはないのです。

もしもこれを習慣化することができれば、あなたの支出は見る見るうちに減っていくでしょう。

一日平均1,500円使うとして、月に4日“ノーマネーデー”を設けるだけで、すでに6,000円は達成できるので、それだけで月1万円の節約に王手をかけることができるのです。

1/2ページ

最終更新:1/2(水) 17:20
ananweb

記事提供社からのご案内(外部サイト)

anan

マガジンハウス

anan No. 2152
5月22日発売

価格 600円

私たちが知りたい、得する お金Q&A/岡田准一

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事