ここから本文です

落合陽一×古市憲寿「平成の次」を語る #2 「テクノロジーは医療問題を解決できるか」

1/2(水) 11:00配信

文春オンライン

 メディアアーティスト・落合陽一氏と、小説「 平成くん、さようなら 」を発表した、社会学者・古市憲寿氏。「平成育ち」のトップランナー2人の対談2回目!( #1 より続く)( 『文學界』2019年1月号 より転載)

【写真】この記事の写真を全部見る

◆◆◆

超高齢化社会の未来図

古市 落合君の本で描かれる未来はすごく面白いと思うんだけど、一方で既得権益というものがある。日本には地方議員が3万人以上、国会議員だけでも約700人。こうした権力者たちが一瞬で死ぬ――それこそ『シン・ゴジラ』のようにヘリコプターに乗った偉い人たちがゴジラのビームで全部死ぬ――ということがあれば変わるかもしれないけど、そんなことは起こらないよね。そうすると、どうやって新しいことが進んでいくんだろう?

落合 ひとつは実装してしまうこと。もうひとつは信じること。僕の中では、皆もう「背に腹はかえられない」と思っているんじゃないかという希望的観測があるんです。既得権益の側も、日本がデフォルトに近しい状態になったらさすがに困るでしょう。既得権益が困ることは何かというと、通貨価値や社会的信頼が壊れることだと思うんですけど、日本円が紙クズになりうるような危機が起これば、ちょっとは期待できるかなと個人的には思うけど。

古市 日本がデフォルトすることはないんじゃないかな。日本の経済規模はIMFが救えるレベルではないからデフォルトは現実的ではない。その前に国際的に協調して日本円を立て直そうとすると思う。あるいは、借金を目減りさせるためにインフレを起こすか。 

落合 その段階で危機なのかと。インフレを起こすか、歳出をめちゃくちゃ減らすか。歳出を減らすために社会保障費がカットされるとなったときに、既得権益層は相当困るんじゃないですか。社会保障費がカットされると、75歳以上の人が生きていくのは一気に大変になる。

古市 お金がないから社会保障費を削るという選択は口でいうほど簡単じゃないよね。シルバーデモクラシーという言葉もあるけれど、この国は圧倒的に高齢者が多い。日本が民主主義国家である以上、社会保障費を大幅にカットできるかな。個人的にはかなり悲観的なんだけど。

落合 背に腹はかえられないから削ろうという動きは出てますよね。実際に、このままだと社会保障制度が崩壊しかねないから、後期高齢者の医療費を2割負担にしようという政策もある。議員さんや官僚の方々とよく話しているのは、今の後期高齢者にそれを納得させるのは難しくても、これから後期高齢者になる層――今の65歳から74歳の層――にどれだけ納得していただけるかが一つのキーになるんじゃないか、と。今の長期政権であればそれが実現できるんじゃないかと思うんですよね。

1/5ページ

最終更新:1/3(木) 12:57
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事