ここから本文です

専門家が教える「白髪」にまつわる9つの真実

1/3(木) 7:08配信

コスモポリタン

美しい銀髪を誇る女性もいるとはいえ、多くの人は唐突に白髪を発見するとがっくりしてしまうもの。もしあなたが「白髪は嫌い」という人なら、良いお知らせが。現在科学者たちが、白髪防止策を鋭意研究中なのだとか! <Good Housekeeping>では、そんな研究者たちの見つけた面白い真実をご紹介。知らなかった!という話も多いはず。

【写真7枚】「アンチエイジングなんて気にしない」と公言するセレブたち

1.一番の原因は正常な「加齢」

この情報は驚くには値しませんが、皮膚科の専門家はこれを、「50-50-50の法則」と呼んでいるそう。

「50%の人は50歳でだいたい50%の白髪があります」と話すのは、スタンフォード大学の皮膚科学教授アンソニー・オロ博士。

さらに、マイアミ大学医学部でエスニック・スキンケア部長を務めるヘザー・ウーラリー=ロイド博士によると、皮膚と同じように、髪も年齢と共に質感が変わっていく、とのこと。

2.人種によって違いがある

白人は白髪が早く出始める傾向があり、中でも赤毛の人が一番早いそう。次に早いのがアジア人。そしてアフリカ系の順。理由はまだ解明されていません。

3.ストレスは大いに関係する

「ストレスが白髪の直接原因というわけではありません」と話すのは、ノースウェスタン大学フェインバーグ医学院の皮膚科学准教授、ローパル・クンドゥー博士。「でも、ストレスは皮膚や髪の多くの問題に関係しています」。

ストレスのかかること――たとえば病気で化学療法を受けて髪が抜けた場合、その後に生えてくる髪の色が変わるということもあるのだそう。

4.生活習慣でも違いが

タバコはその一例で、お肌と髪にストレスをあたえるそう。

「ビタミンB12が少なくなると、髪の色素が減ってしまうことは有名です」と話すのは、ニューヨークにあるモンテフィオーレ・メディカルセンターの皮膚科センター内コスメティック・クリニック院長を務めるカルティク・クリシュナマーシー博士。

「レバーやにんじんを食べるようにしてみてください」と勧めるのは、クリーブランド・クリニックの皮膚科上級医ウィルマ・バーグフェルド博士。ビタミンB群やミネラル(特に銅や亜鉛)などの栄養素、抗酸化物質の豊富な食物は細胞を毒素から守ってくれるのだとか。

1/2ページ

最終更新:1/3(木) 7:08
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事