ここから本文です

木村拓哉が二冠達成! 業界関係者100人に聞いた「好きなジャニーズ」「苦手なジャニーズ」結果発表――2018下半期BEST5

1/3(木) 17:00配信

文春オンライン

2018年下半期(7月~12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。エンタメ部門の第1位は、こちら!(初公開日 2018年9月10日)。

【ランキング】苦手なジャニーズ上位7位

*  *  *

  週刊文春デジタル が実施したアンケート企画「業界関係者100人に聞いた『好きなジャニーズ』『苦手なジャニーズ』」の結果を、9月8日(土)放送の「直撃!週刊文春ライブ」で発表した。

 アンケート取材の対象は、テレビ、広告、雑誌などメディア業界関係者ら100人。

 好き・苦手の両部門で1位に輝いたのは、木村拓哉(45)。業界関係者からはこのような声が寄せられた。

「上戸彩さんと夫婦役で共演したドラマの打ち上げが明治記念館で行われていたときのことです。その時、上戸さんは妊娠されていて、週刊誌は彼女の写真を撮ろうと張り込んでいた。でも木村拓哉さんがわざと正面出口から出て、マスコミに写真を撮らせたんです。その隙に、上戸さんを裏口から出したらしく、木村さんがオトリになったのだと分かった。正直かっこいいなと思いました」(雑誌関係者・30代・男性)

「昔、番組の打ち上げで一緒になった際に木村拓哉に足を踏まれたことがあった。わざとじゃなかったけど、あいつはこっちが痛がっているのに謝ろうともしなかった。偉い人なら謝っていたはず。人の顔色を見て立ち回るところが嫌い」(制作会社スタッフ・30代・男性)

「好き」部門の2位にランクインしたのは生田斗真(33)。

「生田斗真は“神”ですね。僕の周りからの評判もとにかく良い。関係者が生田くん本人の携帯を誤って落として、なんと画面が割れてしまったことがあったのです。現場の空気を壊さない為に『前から割れてたから~』というフォローをしたという神対応の現場を見ました。周りへの気遣いも、とにかくできる良い男って感じました」(雑誌関係者・20代・男性)

2018年エンタメ部門BEST5結果一覧

1位 木村拓哉が二冠達成! 業界関係者100人に聞いた「好きなジャニーズ」「苦手なジャニーズ」結果発表
http://bunshun.jp/articles/-/10174

2位 賛否両論の『ボヘミアン・ラプソディ』5回見てわかった「ラスト21分」4つのウソ
http://bunshun.jp/articles/-/10173

3位 安室奈美恵はなぜ沖縄で「引退」を迎えるのか
http://bunshun.jp/articles/-/10172

4位 「2年間、俳優活動を休止していた」大沢たかおがロンドンで語った意外な事実
http://bunshun.jp/articles/-/10170

5位 上沼恵美子M-1騒動 問題の本質は「女帝を怒らせたこと」じゃありません!
http://bunshun.jp/articles/-/10169

「週刊文春」編集部/週刊文春

最終更新:1/4(金) 10:18
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事