ここから本文です

那須川天心、一方的敗戦は「フェイクに見えた」!? 海外格闘家に波紋「怪しいパンチ」

1/3(木) 7:13配信

THE ANSWER

あまりに一方的な内容に懐疑的な見方をする海外の格闘家が出現

 格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)に1回2分19秒でTKO勝ちを収めたボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)。PFP最強と呼ばれたレジェンドが圧倒的な強さを見せつける展開となったが、海外のMMA(総合格闘技)の実力者は「かなりのフェイク」「プロのファイターがあんなリアクションをするのは少し驚き」と持論を展開。話題を呼んでいる。

【画像】この1枚に7万大反響! 「男が惚れる漢です」と感謝の嵐…那須川が涙の敗戦後、深夜に公開した“チーム天心”の実際の写真

 大晦日のリングで“神童”相手に白い歯を見せながら、圧倒的な強さを見せつけたメイウェザー。あくまでエキシビションで公式戦ではなかったが、TKO負け直後、天心はリング上で悔し涙を流した。

 体格差あり、キックなしの有利なルールだったとはいえ、50戦全勝の実力健在をアピールしたメイウェザーに対し、力及ばずとなった天心だが、カナダの総合格闘家はこの一戦にクエスチョンマークを提示している。

「フロイドと天心の試合をちょうど全部見た。あくまで私の個人的な観点だが、かなりのフェイクに見えてしまった。プロのファイターが実際にあのようなリアクションを見せたことに、私は少し驚いた」

 ツイッターでこうつづったのは、ベラトール(米国の総合格闘技団体)世界ウェルター級王者のローリー・マクドナルドだった。UFCを舞台に長年活躍した実力者は首をひねっている。

「フロイドはあんなボクシングをしない」

 投稿に対し、ファンから飛んだ「なぜそう思うんだ?」という質問には「フロイドはあんなボクシングをしない。テンシンはいくつかの怪しいパンチに倒れていた。そして、彼らは日本で試合をしていたからね。ハハ」と持論を展開している。

 それだけ衝撃的なダウンシーンだったということだろう。「プロファイターがこんな主張をするなんて、あまりに無責任ではないか」という批判も噴出したが、「こんなことを言う方が無知」と返信するなどマクドナルドは一歩も引かない様子だった。

 マクドナルドの懐疑的な見方に、ほかの総合格闘家も同調した。UFCを主戦場にするアラン・ジョウバン(米国)もマクドナルドのツイートに対する返信として「自分も同じように見えた」と主張。理由はマクドナルド同様に、メイウェザーの一撃に吹っ飛ばされた那須川の反応だった。

「要するに、彼が直撃したショットは子供を後方に飛ばせるようなものではなかった。スタントマンのようにね」

 ダウンした際に後方に大きく倒れ込んだ那須川の反応をジョウバンは「スタントマン」と表現。大晦日のリングで繰り広げられたあまりに一方的なエキシビションマッチは北米でも大きな波紋を広げている。

THE ANSWER編集部

最終更新:1/3(木) 17:41
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事