ここから本文です

偽ウェブ詐欺「スマホを開いただけなのに」〈偽サイト、偽アプリ、偽メール、偽ニュース、偽広告、偽仮想通貨……ネット上の「フェイク」にご用心! 〉【全文公開】――文藝春秋特選記事

1/4(金) 11:00配信 有料

文春オンライン

(c)iStock.co,jp

「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが、不在のため持ち帰りました。下記よりご確認ください」

 ある日の午前、あなたのスマートフォンに一通のメッセージが届く。そういえば、数日前にネットショッピングで注文した荷物がそろそろ届く頃だな。そう思いながら、メッセージに添えられたアドレスをタップすると、見慣れた配達業者のウェブサイトが開き、再配達の手続きのためにアプリをインストールするよう促される。

 少し面倒くさいなと感じながらも、次からは再配達の手続きがアプリでできるようになると書かれているので、今後の手間を考えてインストールすることに。日頃から使っているメールアドレスと覚えやすいパスワードを登録し、再配達を依頼すると、翌日には荷物が無事に届いた。

 それからしばらくはネットショッピングもしていなかったので、アプリの存在など忘れていたが、配達業者を装った不正メッセージが流行っているというニュースキャスターの言葉が気にかかった。不安に駆られていると、クレジットカード会社から、身に覚えがない決済通知が届く。さらには、携帯電話や家電量販店で貯めていた数万円分のポイントが全てゼロになっているではないか!  いったい何が起こったのか――。 本文:7,522文字 写真:4枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

高野 聖玄/文藝春秋 2019年1月号

最終更新:1/4(金) 11:00
記事提供期間:2019/1/4(金)~9/1(日)
文春オンライン