ここから本文です

CES 2019では何が登場するのか?注目される8つの技術

1/6(日) 14:10配信

WIRED.jp

毎年1月になると、恒例となった世界最大級の家電見本市「CES」が開かれる。このイヴェントに参加しようと、15万人以上の人々がラスヴェガス詣でをするのだ。会場にはわくわくさせられる製品から、イラッとさせられるようなガジェットまでが勢揃いする。

CES 2018で見つけた「イケてる」ガジェット10選

そこでは将来登場するであろう、ありとあらゆるものを見ることができる。点滅するスマートライト、液体のようなディスプレイ、空中を浮遊するドローン、ヨガをしているように自在に曲がる携帯電話、無人で走る自律走行車、最新の無線通信プロトコル、そして生活の向上を約束する実体のない技術──。いわば、オタク(ナード)のスーパーボウルみたいなものだ。

ただ、CESで展示される技術は、いまやオタクたちだけのものではない。わたしたちの周囲は、すでに先端技術で溢れているのだ。

最新のガジェットを日々の通勤で持ち運び、キッチンやリビングルームで話しかけ、夜になると寝室にまで持ち込む。どの製品もマザーボードや回路だけではなく、ネット接続とデータの共有による回りくどいループで特徴づけられるようになってきた (要するにプラットフォームということだ)。

2018年は、わたしたちと技術との関係、そしてそれが国際社会に与える影響が鮮明になってきた。つまり、これだけの規模の技術の集まりは、わたしたちの技術の未来に大きな影響を与える可能性がある。

CESで目にするものすべてに大きな影響があるわけではないし、すべてが製品化されるわけでもない。むしろ逆の場合が多く、2019年中もしくはいつになっても発売されない可能性が非常に高い。

それでもCESは、なぜか規模を拡大し続けている。今年は、約300万平方フィート(約28万平方メートル)の会場に最大18万人が訪れる見通しという。以下が今年のCESで登場が予想されるテーマだ。

1)なんでも「AI対応」

数年前のCESでは、低消費電力のBluetoothチップとWi-Fi通信機能をガジェットに追加するだけで「スマートテック」のカテゴリーに入り込めた。しかし、いまではスマートの定義は動作がハードウェア単体かクラウドかに関係なく、いかに知覚や予測する力をもっているかで決まる。

こうして特にCESでは「人工知能(AI)対応」という言葉が漠然と使われ、能力の程度にかかわらずマーケティング的なキャッチコピーになっている。自律走行車から有機ELテレビ、省エネルギー型の電源コンセントまで、すべてのものがAIや機械学習、ディープラーニングを何らかのかたちで大々的に訴求することが予想される。

1/4ページ

最終更新:1/6(日) 14:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事