ここから本文です

史上初、中国による月の裏側への着陸成功はどれほどすごいことなのか

1/7(月) 17:22配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

中国の嫦娥4号が着陸、月の裏側でどんな探査? 電波天文台も

 1月3日、中国の月探査機が、これまで人間も無人探査機も足を踏み入れたことのない月の裏側に着陸した。月の世界に住むとされる仙女にちなんで名づけられた「嫦娥(じょうが)4号」は、2018年12月8日に打ち上げられた後、同12日に月周回軌道に投入され、このほど月面に到着した。

写真:嫦娥4号が撮影した月の裏側と探査車「玉兎2号」

 嫦娥4号の月面着陸に関する詳細は、これまでほとんど明らかにされてこなかった。中国国家航天局(CNSA)は秘密主義で知られ、探査機が月面着陸に向けた最終的な軌道に入ったとする12月30日の発表を最後に、情報を公開していなかった。そのため、着陸前には世界中の科学者と愛好家がオンラインフォーラムやTwitter上に集まり、情報源をもつジャーナリストやソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」のアカウント、嫦娥4号の軌道を追跡するアマチュア天文家などから得た最新情報を交換していた。

 嫦娥4号の着陸が確認されると、不安は喜びに転じた。

 中国地質大学の惑星地球科学者の肖龍氏は、着陸成功の一報を受けた直後にナショナル ジオグラフィックにメールをくれた。「まさに歴史的な瞬間で、とても、とても興奮しています! まもなく着陸機と月面探査車の両方から写真が送られてくるでしょう。月の裏側の本当の顔を見るのを楽しみにしています!」

 中国、山東大学の月面地質学者の喬楽氏も、「嫦娥4号の着陸成功という偉業を、心から嬉しく、誇らしく思っています。科学的にも非常に大きな可能性をひらくものです」とコメントした。

 以下、今回のミッションとその科学的な目標、そして世界に及ぼす影響について解説する。

嫦娥4号とは? 今回の月面着陸の重要性は?

 嫦娥4号は、中国の宇宙機関である中国国家航天局(CNSA)による最新の月探査機だ。嫦娥1号と2号は月を周回する衛星で、着陸機と月面探査車からなる嫦娥3号は2013年に月の表側への着陸を成功させた。そして今回の嫦娥4号は、着陸機と月面探査車と中継衛星からなり、月の裏側に軟着陸することを目標にしていた。

 米ノートルダム大学の惑星科学者で、月面地質学の専門家であるクライブ・ニール氏は、「世界初の快挙です」と言う。「月の裏側に探査機を軟着陸させ、月面探査車を走らせるという、これまでどの国の探査機もなし得なかったことを、嫦娥4号が初めて成功させたのです」

「今後送られてくるデータは、月の秘密を解き明かすためにも重要な情報となるはずです。しかも、これまで誰も触れたことのない月の裏側から送られてくるなんて」と肖氏は言う。「どうか、うまくいきますように!」

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事

あなたにおすすめの記事