ここから本文です

スター・ウォーズ『エピソード9』にはカルリジアン将軍の娘が登場する?

1/7(月) 8:11配信

WIRED.jp

2018年のホリデーシーズンは、幻の“迷”作であるテレビ番組「スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル」の放映からちょうど40周年だった。いまもまだ、そんな時期の浮かれた気分が続いている人もいるかもしれない。

【動画】スター・ウォーズ『エピソード9』にまつわる数々の新情報

だとすれば、それは来たる『スター・ウォーズ/エピソード9』に登場するかもしれない人物の名を小耳に挟んだからなのかもしれない。テレビドラマ「ザ・マンダロリアン」のキャスティングについて新たな情報が入ってきたほか、ジョン・ウィリアムズの新譜も発表された。さらに、英国の大物政治家が意味不明な発言をするというおまけも付いている。この1年も興味深いことになりそうだ。

『エピソード9』にはカルリジアンの娘が登場する

情報源:ネットの掲示板の匿名情報
信憑性:信じるべき理由は何もないのだが、確かにそれらしい話ではある。だとすれば、本当なのだろうか…。
実際のところ:Redditのスレッドの奥深くから、奇妙な噂が広まっている。「Termiriblagg1」と名乗る人物が、とんでもない情報をもらしたのだ。Termiriblagg1は、エキストラとして『エピソード9』の撮影に参加したという。

その投稿によると、まずハックス将軍は映画が始まってすぐにレジスタンスに降伏する。これは以前にも同じような噂が出たことがあるが、次のネタは寝耳に水だ。キャストに名を連ねるナオミ・アッキーの役は、なんとランド・カルリジアンの娘だというのだ。

名前はヴェラナーダ・カルリジアンで、愛称はヴェラ。レジスタンスの一員として戦っており、それなりの地位についているらしい(クラウド・シティの元領主様の娘なら当然かもしれないが)。これが本当なら、ビリー・ディー・ ウィリアムズと親子共演ということになるが、実際のところがわかるまでにはまだ何カ月も待つ必要がある。

子どもたちのためのスター・ウォーズ

情報源:ルーカスフィルムの公式発表
信憑性:制作元の公式発表である以上、少なくとも意図するところはそうなのだろう
実際のところ:ディズニーとルーカスフィルムが「Star Wars Kids」というプロジェクトを立ち上げた。ファン層の若返りを狙った動きで、ウェブサイトとYouTubeの公式チャンネルを中心に展開し、今年いっぱい「Star Wars Galaxy of Adventures」というアニメ番組を公開していくという。

ルーカスフィルムによれば、12月に公開予定の『エピソード9』のプロモーションの一部でもあるということなので、キッズ向けのアニメ版で過去のシリーズ作品がどこまでカヴァーされるのかにも注目したい。しばらくはネットから目が離せなくなりそうだ。

1/3ページ

最終更新:1/7(月) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事