ここから本文です

「ハウス・オブ・カード」の米俳優ケビン・スペイシー、7日に出廷へ──セクハラ、性的暴行疑惑とアーティストの関係とは

1/7(月) 18:06配信

ニューズウィーク日本版

数々の映画やネット・ドラマで、名優として高い評価を受けてきた米俳優ケビン・スペイシー。2017年秋、何件ものセクハラ・性的暴行疑惑が明るみに出て、そのキャリアは一気に停止状態となった。

ケビン・スペイシーの抗議の動画を見る

スペイシーは米ネットフリックスの人気ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」で主役を演じていたが、複数の疑惑が持ち上がったことでネットフリックス側は撮影を中止。すでに撮影を終えて公開の一歩手前だった映画「ゲティ家の身代金」では代役を見つけ、スペイシーの出演部分は撮り直しとなった。

疑惑発覚後、公の場には姿を現していないスペイシーは、昨年12月24日、「ハウス・オブ・カーズ」で演じた「フランク・アンダーウッド」として心情を吐露する動画を公開した。フランクは権謀術数を駆使して大統領にのし上がる冷酷な男という役柄だ。
▽動画「Let Me Be Frank」(「正直に話させてくれ」と「フランクにならせてくれ」の二重の意味がある)

サンタクロースの絵柄が入ったエプロンを身に着けたスペイシーは、キッチンで洗い物をしながら次第に凄みを増す目つきと声音でこう語りかける。「自分がやっていないことに対して、犠牲を払うつもりは全くない」、「証拠もないのに、最悪の行為を信じたりしないだろうね?」、「事実を確かめずに結論に飛びついたりするなよ」。

「フランク」という役柄を通じて自己弁護をしたかのようなスペイシーだが、自分の心情を伝えるためにドラマの登場人物の姿を借り、いかにもの作り声で語るスペイシーの姿には気味悪いものがあった。彼にとって、「素」を出すことはそれほどつらいことなのか。

ネット上では、「いつまでも支援する」という好意的なメッセージとともに、「気味悪い」「やめたほうがいい」という声もたくさん寄せられた。

動画が公開された日、米マサチューセッツ州の検察当局は、10代の少年に対する強制わいせつ・性的暴行容疑でスペイシーを訴追したと発表した。

今月7日、スペイシーは同州ナンタケットの裁判所に罪状認否のために出廷する。スペイシー側は本人が直接出廷することを回避するための書簡を送っていたが、裁判官はこの願いを拒否した。

1/5ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-4・30号
4/23発売

460円(税込)

【特集】世界が尊敬する日本人100
お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事