ここから本文です

野村克也が語る「長嶋茂雄」

1/8(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

もし長嶋が南海に来たら、四番をはく奪されていた?
野村克也が語る「長嶋茂雄」

天才肌の長嶋茂雄。空振りも絵になった/写真=BBM

 2019年5月には平成も終わり、新しい元号に変わる。『週刊ベースボール』編集部も、読者の皆さんも、よくぞ飽きずに、いつまでも私にこのコーナーを書かせてくれているものだと思う。

 時折そんなことを言うと、編集者は「野球の本質と歴史を語っていただかないと……」とか「球界にはっきり苦言を言える方が求められているんです」とかなんとか言う。まあ確かに、このトシになると、もう怖いものはない。川上哲治さんが亡くなり、西本幸雄さんが亡くなり、遠慮する相手もほとんどいなくなってしまった。

 昭和の野球といえばON、V9だった。

 とりわけファンの心をつかんで離さなかったのは、長嶋茂雄だ。

 花形・東京六大学の大スター。本当なら・・・ 本文:1,865文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール