ここから本文です

カナダで反日を煽る「チャイニーズ・フリーメイソン」直撃

1/8(火) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 尖閣問題への抗議に抗日戦争勝利記念集会。舞台が中国、韓国なら理解も及ぶが、太平洋を隔てた カナダなら異質さは際立つ。その背後には、「チャイニーズ・フリーメイソン」を 名乗る、本家「フリーメイソン」との思想上の関係はない、謎の秘密結社が見え隠れしていた。ルポライターの安田峰俊氏がレポートする。

 * * *
「われわれカナダ華人の歴史は200年以上に及ぶ。だが、ここにやってきた日本人はお前が初めてだ」

 初冬のカナダ西海岸、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバー市内中心部のチャイナタウン。1909年に建てられたビルの一室で、革命の父・孫文を祀る祭壇を背景に男が呟いた。彼の名はヒルバート・イウ(姚崇英)。グレート・バンクーバー地域の華人系コミュニティを仕切る組織「中華会館」の理事長だ。

 付近一帯は市内で最も治安が悪い。表通りまでマリファナの匂いが充満し、建物の壁はスプレーの落書きだらけだ。近年、華人の多くはこの環境を嫌って郊外に移り住んだが、中華会館は現在もなおBC州の華人の政治的中心だ。

 ヒルバートは中国広東省生まれの61歳、カナダに帰化した移民1世だ。職業は武術家で、他に鶏肉を中華料理店に卸すビジネスも手がけている。だが、彼にはもうひとつの顔がある。

「俺は秘密結社・洪門(ホンメン)バンクーバー支部の元主任委員だ。洪門は『中国領土の保全』と『中国の平和統一』の理念を宗旨とし、伝統的な忠・義・侠の精神で活動している」

◆抗日華僑の秘密結社

 ヒルバートが所属する洪門は、清朝中期の中国南部で生まれた伝統的な秘密結社だ。別名は「チャイニーズ・フリーメイソン」(*1)。天地会や洪幇(ホンハン)などの名でも知られる。

(*1:彼らは「フリーメイソン」を「秘密結社」の意味で使っていると思われる。本家「フリーメイソン」との思想上の関係はない)

 かつて「反清復明(はんしんふくみん)」(清朝の打倒)を掲げ、太平天国の乱や1911年の辛亥革命にも協力した。「中国革命の父」 の孫文も、アメリカの洪門の幹部だった。バンクーバー支部は、革命前の孫文を一時匿ったことすらある。

1/5ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事