ここから本文です

トヨタ「スープラ」復活に込めた想い スポーツカーの吸引力

1/9(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 トヨタ自動車が2002年まで製造・販売していたスポーツカー「スープラ」の新型モデルが今年早々に発表される。若者のクルマ離れも叫ばれて久しい中、トヨタは“尖った”スポーツカーの復活にどんな想いを込めているのか。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がレポートする。

 * * *
 若者のクルマ離れ、クルマの購入意欲が高い団塊世代が高齢化でクルマから降りる「2025年問題」、都市部への行きすぎた人口集中による需要減など、逆風だらけの日本の自動車市場。日本メーカー各社にとって、マザー市場がこれ以上縮小するのは死活問題だが、決定的な打開策は見出せていない。

 そのような状況の中、トヨタ自動車は2019年、かつてラインナップしていたスポーツクーペ「スープラ」を復活させる。これまでもコンセプトカーをたびたび公開してきたが、1月14日の米デトロイトモーターショーでいよいよ市販モデルを世界初公開するという。

 発表の場がアメリカであることからわかるように、主戦場はアメリカ市場。だが、アメリカだけでなく、日本市場をはじめ、先進国市場を中心に世界展開が図られる見通しだ。

 新型スープラの詳細な情報はショーで明かされることであろうが、断片的な情報はすでに相当伝えられている。

 プラットフォームはトヨタと技術提携関係を結んでいるBMWのもの。エンジンはBMWの3リットル直列6気筒ターボ。パッケージングは後輪駆動、2シーターで、ボディはクーペのみ。BMWモデルで言うとラグジュアリーオープンカーの「Z4」に相当するが、性格付けはグランドツアラーではなくリアルスポーツにぐっと寄せられるという。

 このスープラ1モデルで日本市場を活気付けることができるとは、当のトヨタも考えてはいまい。トヨタは2012年、スバルと共同開発した2リットル級スポーツカー「86」を発売した。

 企画に関わっていたトヨタマンの一人は、「こういうクルマを出すことで、若者を含め多くの人たちがクルマの楽しさにもう一度目を向けていただきたい」と語っていたが、現実は厳しかった。コアなクルマファンの間ではしばらく話題になったものの、クルマ離れの流れを止めることにはほとんど役に立たなかったのである。

1/4ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事