ここから本文です

女性は時代に敏感。スカート、100年の歴史。

1/9(水) 22:50配信

VOGUE JAPAN

プリーツ入り、ミニ丈、シフォンetc.、幅広いバリエーションで登場しているスカート。デザインを見れば、時代の流れがわかるほど、世相を映し出すアイテムを、1920年代から復習してみよう。

【動画】次の時代は、どんなスタイルがブームになる? 歴史を辿りながら予測してみて。

スカートが、元々男性の衣服だったことをご存知? 古代においては、労働男性のためのものであり、スカート=女性のという観念は、意外にも後世に作られたのだ。

婦人服の下半身衣を独立させて、スカートと呼ぶようになったのは、19世紀以後であり、それ以前はローブの一部分とみなされ、ペティコートと呼ばれていた。第一次世界大戦が与えた影響が大きく、足を覗かせたスカートの出現は、当時にとってセンセーショナルだった。

1960年代には、女性解放運動やフェミニズム運動も相まって、活発に動けるミニスカートは、新しい女性の自由な生き方を象徴するものに。だが、シャネル(CHANEL)は、断固としてミニスカートの流行に流されず、「女の膝は、最も醜い部位だから見せてはいけない」という独自の哲学を守り続けた。

そういった意味でも、スカートは、世相や思想を映し出すアイテムであり、時代によって姿を変えている。

落ち着いた色が好まれた1930年代。第二次世界大戦や世界大恐慌などで世の中が保守的になり、わずかに女性らしさを感じさせる控えめなフレアやシルエットが主流となった。

1960年代には、これまでのクラシカルな感覚は鳴りを潜め、若者の間で既存の社会規範を打ち崩すような運動が起こる。ファッションもそれに伴い、ミニスカートやポップで明るい色が大流行に。アンドレ・クレージュが、ハイファッションの世界に初めてミニスカートを打ち出し、新しいシルエットやプロポーションが生まれた。「ミニの女王」と呼ばれ、一世を風靡したモデルのツィッギーが誕生したのも、この時だ。

オルタナティブ・ロックの中の一つのジャンル、グランジが大流行した1990年代は、パッチワークやリメイクされたスカートが若者を中心に人気が高まった。当時カート・コバーンの彼女だったコートニー・ラブに影響を受け、彼女たちの間では、エンジニアブーツと組み合わせた出で立ちがお決まりだった。

さて、次の時代は、どんなスタイルがブームになる? 歴史を辿りながら予測してみて。

最終更新:1/9(水) 22:50
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2019年2月号
2018年12月27日発売

700円(税込み)

二大占い特集!スーザン・ミラーによる2019年の運勢占い、しいたけ. &鏡リュウジの夢の共演。表紙には「ヒップホップ界の女王」、ニッキー・ミナージュが登場。

あなたにおすすめの記事