ここから本文です

アジア杯初戦、森保ジャパンは薄氷の逃げ切り勝ち! 大迫2発、堂安が最年少ゴール!

1/9(水) 21:51配信

SOCCER DIGEST Web

後半立ち上がり15分でゴール

 アジアカップのグループリーグ第1戦、日本代表対トルクメニスタン代表は1月9日、UAEのアルナヒヤーン・スタジアムで行なわれ、3-2で日本が初戦を勝利で飾った。

【厳選PHOTO】日本代表戦&Jリーグを華やかに彩る美女サポーターたち

 日本は立ち上がりから圧倒的にボールを支配したが、ゴール前に人数をかけて守りを固めるトルクメニスタンの守備組織を崩すまでには至らない。

 すると、15分以降、日本はカウンターから危ない場面が頻発。そして26分、ついに均衡が崩れる。日本はトルクメニスタンのアマノフに豪快なミドルシュートを突き刺される。プレッシャーが緩んだ一瞬の隙を突かれてしまった。

 逆に日本は決定機を活かせず、前半は0-1とトルクメニスタンのリードで折り返した。

 後半、日本はメンバー交代なくスタート。やはり前半同様、日本が押し込む展開に。そして56分、日本は左サイドから原口元気がドリブルで切れ込み、大迫勇也へラストパス。大迫はDFひとりをキックフェイントでかわすと、落ち着いて右足のシュートをゴール右隅に決めた。日本が同点に追いつく。

 逆転弾は同点ゴールから4分後。吉田麻也からのフィードを原口が頭でつなぎ、受けた長友佑都が粘って中央へ折り返す。これをゴール前で待ち構えていた大迫が右足で流し込み、ネットを揺らした。日本が後半立ち上がり15分で逆転に成功した。

 さらに畳み掛ける日本は71分、柴崎岳の縦パスから大迫、南野とつなぎ、ラストパスに反応したのは堂安。反転から左足を振り抜くと、DFに当たったシュートがそのままゴール右に吸い込まれ、日本が3-1とリードを広げた。堂安のこのゴールは、日本代表のアジアカップにおける最年少ゴールとなった。

 しかしここからトルクメニスタンもロングボールを駆使して反撃。79分には、中盤でのボール奪取からカウンターを発動すると、GK権田のファウルを誘発してPKを獲得。これをアタエフが決めて1点差とする。日本は最後までトルクメニスタンの抵抗に苦しみ、たびたび危ない場面を作り出される。
 
 それでも最後は凌ぎ切り、3-2で日本が勝利。森保ジャパンがアジアカップ初戦を僅差でモノにし、白星発進とした。日本は1月13日にグループリーグ第2戦となるオマーン戦を迎える。

最終更新:1/10(木) 12:10
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事