ここから本文です

韓国、今度はディズニーのポスターにいちゃもん

1/9(水) 6:15配信

JBpress

■ 韓国政府お墨つきの活動家が「公開質問状」

 3月29日に全米公開されるディズニー映画「ダンボ」(ティム・バートン制作)にまたまたコリアンがいちゃもんをつけている。

【写真】中国で文化大革命の際に各地に張られたポスター。まるで旭日旗である。

 今度は在米コリアンではなく、韓国政府お墨つきの「反旭日旗撲滅運動活動家」だ。

 「映画上映に先駆けて作ったティーザー・ポスター*1
に旭日旗を連想させる太陽光線が描かれている。旭日旗は日本軍国主義の象徴だ」 徐敬徳・誠信女子大客員教授(44)がディズニー社に撤回を求める「公開状」をフェイスブックに投稿したのだ。

*1
=ティーザー・ポスターとは映画公開までの時間に公開時期やイメージを伝えて知名度を上げるためのポスター。ポスタービジュアルともいう。これはメインポスターではない。 もっともこの「教授」、何となくわけありな御仁のようだ。

 「同氏の客員教授とは名ばかり。韓国政府からカネをもらって旭日旗撲滅を行ってきたエージェント」

 「いろいろいかがわしいことをやっており、2016年4月にはアウトドア企業のNEPAから告訴されている」(韓国情勢に詳しい在ワシントン米人記者)

 徐敬徳氏が問題視したディズニー映画のティーザー・ポスターは以下のリンク。

 (https://geektyrant.com/news/tim-burtons-dumbo-gets-a-poster-and-the-new-trailer-is-coming-tomorrow)

■ 9割は「旭日旗イメージなどない」と反論

 徐敬徳氏の問題提起を取り上げた米メディアはまだない(Newsweek日本語版サイトが韓国国内の動きを中心に報道はしている=https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/01/post-11497.php)

 「公開状」を受けてSNSのReddit(レディット)で論議が繰り広げられている。コメントはすべて英語で行われているため大半は英語圏の投稿者のようだ。

 筆者がチェックした10あまりのコメントのうち9割は、

 「徐氏の憤りはでっち上げの憤慨」

 「サーカスのテントは赤と白のストライプというのは欧米では何百年も前からだ。俺たちの文化を理解してくれない」

 「せっかくアニメーションを実在化した映画ができたんだから横から水を差さないでくれる」

 といったものばかり。そうした中で「Takeshima rangers」(竹島突撃隊)と名乗る人(おそらくコリアンか韓国シンパと思われる)からはこんな反論もあった。

 「徐氏の言い分にケチをつけている君たちは韓国人の感情を逆なでしている。もし誰かの感情を傷つけたなら、その行為は罰されるべきだ。たとえそうやったことに道理があろうとも、直ちに改めろ」

■ 「サーカスのテントは昔から赤と白のストライプだ」

 筆者はこのティーザー・ポスターをコピーして7人の米国人(白人2人、黒人1人、韓国系米人1人、中国系米人と中国人1人ずつ、日系人1人)に感想を求めた。

 白人1人と黒人は「旭日旗」が何かすら知らなかった。

 もう1人の白人は「サーカスのテントは昔から赤と白のストライプ。旭日旗ができるずっと前からあった。それのどこが悪いのか」と答えた。

 これを見て、「旭日旗」を連想させると即座に答えたのは韓国系米人(2世)1人。

1/3ページ

最終更新:1/19(土) 15:40
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

あなたにおすすめの記事