ここから本文です

「カメラを止めるな!」興収30億円分捕り合戦 製作ゼミ代表が明かす“内訳”

1/9(水) 5:58配信

デイリー新潮

 中国で昨年の夏、製作費126億円と喧伝された映画が、客の不入りで、公開わずか3日で打ち切られた。翻ってわが国では、製作費300万円ぽっちの映画が大ヒット。興行収入は30億円を超えた。

【写真】可愛すぎる「カメ止め」ヒロインのコルセット風ドレス姿

 その映画「カメラを止めるな!」は、スターウォーズやら何やらとは全く異なる手法で製作費を調達した。

 製作は「ENBUゼミナール」。俳優や監督など映画・演劇人を養成する専門学校だ。その代表を務める市橋浩治氏(54)が語る。

「本校では、若手監督と世に出たい俳優による有料演技レッスンのワークショップを開催し、その成果が映画になります。『カメ止め』もそうやって作った作品の一つ。俳優12人から1人約14万円の受講料を頂いています」

 つまり、俳優はギャラをもらうのではなく、逆にお金を払って映画に出させてもらうのだ。もっとも、それで賄えない分はクラウドファンディングで募り、それでも足りない分は学校が拠出するという。

 低予算ゆえ、撮影場所は、

「本校の教室、監督の自宅、監督が使っているレンタルオフィスなど。主な舞台となった廃墟も無料で借りました。機材は、学校からも貸し出しますが、基本的には製作予算内で工面しなければなりません」

 そうやって完成した作品は例年、新宿のミニシアターで1週間ほどイベント上映される。2017年製作の「カメ止め」も最初はここで上映され、好評を博したため、翌18年6月に都内2館で公開された。

「それを、大手配給会社であるアスミックさんの幹部の方が見てくれたらしく、電話が掛かってきました」

 それからは、あれよあれよという間に全国に火がついた次第。上映館はのべ350館を超えた。

「興行収入は現在31億円。製作側に入るのはそのうちの約4割ですね」

 つまり約12億円が製作側の儲けだ。残りは、さる映画記者によると、5割が劇場に、1割が配給元アスミック・エースに入っているという。

 で、12億円の使い道は? 

「これからは少し製作費を上げるかもしれません。ただ、億単位の製作費による商業映画を作りに行く気はないです。製作趣旨はあくまで人を育てる、世に出たい役者を応援する、ということですから」

1/2ページ

最終更新:1/9(水) 11:22
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事