ここから本文です

働く女性が愛用するお財布は“長財布”!入っているカード類が10枚以上の人は、なんと●%も

1/10(木) 8:03配信

Suits-woman.jp

さまざまな幸運を願う新年。例えば金運アップの願いを込めて、お財布を新調するタイミングとしても最適ですよね。そこで今回は「FUMIKODA」が実施した「働く女性のお財布」に関するアンケート調査に着目!働く堅実女子はどんなお財布を使っているのでしょうか?

今どきの堅実女子の財布は“複数持ち”が主流!

まず同調査では、使っているお財布の数を調査。近年は“ミニショルダー”などの小さいカバンが流行している事情もあり、それにあわせた小ぶりなお財布のニーズも高まっています。そうなるとメインのお財布とサブを併用している人も多そうですが、実際はどうなのでしょうか?結果は以下の通りです。

・持っているお財布の数

1点……35%

2点……25%

3点……20%

4点……5%

5点以上……15%

一番多いのは「1点」で35%。しかしそれ以外の65%は2点以上となっており、やはり最近の堅実女子は複数持ちが主流であることが分かります。さらに同調査ではメインで使っているお財布のタイプを調査したところ、圧倒的に多いのはお札がそのまま入る「長財布」(65%)。続いて「折りたたみ式」(19%)、「がま口」(5%)と続きました。長財布をもちつつ、カバンの大きさなどによって小ぶりなお財布を使い分けるのが、今どきのスタイルといえそうです。

クレカにポイントカード……気が付けばカードの枚数はすごいことに!

なぜ堅実女子は長財布を使う人が多いのでしょうか?大きいのでかさばるのがデメリットですが、それでもやはりカード類などがたくさん入る良さは見逃せません。特に最近はキャッシュレス化がすすみ、クレジットカードやプリペイド式電子マネーのニーズは高まるばかり。それに加えてさまざまなポイントカードも持っていると、必然的にお財布に入れるカードの枚数は増えていきます。

そこで今回「お財布に入っているカード類の枚数」を調査。結果は左の通りとなりました。

6枚以上の人が70%、10枚以上の人が48%という結果。ここまで枚数が多いと、やはりカード類がたくさん入って使いやすい、長財布のニーズが高まるのは必然ではないでしょうか。

1/2ページ

最終更新:1/10(木) 8:03
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

あなたにおすすめの記事