ここから本文です

欅坂46 小林由依の強みはトータルバランスの良さ? 2019年は1st写真集含めソロ活動にも注目

1/10(木) 8:03配信

リアルサウンド

 昨年末の『第60回輝く!日本レコード大賞』(TBS系/以下、『レコ大』)と『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合/以下、『紅白』)で欅坂46(以下、欅坂)のセンターを務め、話題となった小林由依。その興奮さめやらぬ中、1月5日に『異世界コント番組“猿以外の惑星”』(NHK BSプレミアム/以下、『猿以外の惑星』)に単独出演を果たし、コントを披露(2回目は12日に放送予定)。7日には小林の1st写真集が発売されることが発表され、公式Twitterアカウントを設立し、SHOWROOMで告知放送をするなど、2019年怒涛のスタートをきった。

 『レコ大』と『紅白』で小林がセンター代理に抜擢されたのは、決して大きなサプライズではなかったため、パフォーマンスに集中できる盤石な体制だったと言える。一方で、2018年を締めくくる欅坂の顔として小林で勝負するという運営側の覚悟も伺えた。

 『レコ大』での「アンビバレント」のパフォーマンスを見て感じたのは、センターというのはダンスだけでなく、ボーカルとしての表現力も重要になってくるということ。小林は、歌にダンスにトータルバランスが良く、表情に鬼気迫るものがあったため、適任だったと改めて感じさせられた。

 ただこの裏では、小林が本番前に緊張やプレッシャーで涙を流していたと、小池美波が『レコ大』のラジオインタビューで明かしている。「その気持ちがわかるので、小林由依を支えたいし、平手の思いも、見てくださるファンの皆さんにも画面から届けられるという気持ちで、みんな頑張ろうねって話をしてました」と小池は語っていたが、まさにその思いが画面越しにも伝わってきた。小林自身は、2018年の心境の変化について『BUBKA』(2019年2月号)で「欅坂46にいること自体が誇りですね」「アイドルと欅坂46が自分の居場所になった意識が強い」とコメントしていたが、それが形になった瞬間でもあったように思う。

 そして『紅白』での「ガラスを割れ!」。同曲では小林がリリース時に加え、12月28日の『COUNTDOWN JAPAN 18/19』でもセンターを務めていたため、2018年の欅坂の集大成と言っても過言ではないほどの最高のパフォーマンスだったように思う。叫び声や息遣いなどリアルなライブ感に、多くの視聴者が釘付けになったのではないだろうか。ソロダンスもあり、その重圧を乗り切った小林は実にかっこよく、同時にメンバー全員の気合も十分に伝わってきた。色々とあった欅坂の1年間を必死に守ってきたメンバーたちだからこそ、その思いを爆発させた最高のパフォーマンスだったように思う。

 そんな小林は、グループに関する考え方も一線を引いた位置から冷静に見ている印象だ。昨年末でグループを卒業した米谷奈々未が『月刊B.L.T.』(2019年1月号)ラストインタビューで、「小林は欅の活動全般にストイックで、どんどんその度合いが増している。でも適度なクールな温度感覚が心地良くて、一緒にいて気持ちが楽だった」と語っていた。メンバーや後輩であるけやき坂46の加藤史帆らも小林のストイックさを見習いたいと話すほど、信頼を置かれている存在だ。

 今年に入ってからはソロの活動も活発となってきている小林。猿以外も進化して動物人となり、人間と共存するという異世界コント番組『猿以外の惑星』では、ニワトリ女子高生とガールズトークをするという、とてもシュールなコントに挑戦していた。昨年、『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)でシチュエーションドラマに挑み、その演技力に定評があった小林は、舞台『ザンビ』の経験を得て演技が面白いと思うようになったという。今回もニワトリ相手に自然な演技を見せ、女優・バラエティタレントとしての可能性もより広げた印象だ。

 そして3月13日には、欅坂5人目となるソロ写真集が発売される。SHOWROOMでの話によると、小林の誕生日である10月23日前後にロンドンで撮影され、撮影が決まる前から長濱ねるに「ゆいぽん(小林の愛称)はロンドンだよ!」と推されていたのだとか。カメラマンは、欅坂の1st写真集『21人の未完成』でも小林を担当した鈴木心。「ドキュメンタリー。」というタイトルで、主に浅草などの街中にいる小林を自然な姿で撮影した作品だったが、今回は東京からロンドンに舞台を移している。

 欅坂メンバーが写真集を出す毎に作られるTwitterアカウントは今回、「@ponkansatsu_uk」というユーザー名。これは、欅坂初期から織田奈那が「小林のことをたくさんの人に知って欲しい。由依の魅力を」と、小林を盗撮してブログにアップし、彼女の魅力を世間に伝えてきた「ぽんかんさつ」を想起させる。この織田の小林親善大使的な活動で小林の魅力を知った人も少なくないはず。小林は「ぽんかんさつがグレードアップして写真集になった感じかな」とたとえ、「だから織田奈那に一番最初に見せようかな」と口にしている。織田の気持ちがついに形になり成就されたと言っても過言ではない。また初水着カットにも挑戦しているというが、雑誌『with』の専属モデルでもある小林がどんな表情を見せているのか楽しみだ。

 2019年は20歳になるということもあり、小林がどう欅坂を動かし、二期生を含めグループ全体を導いていくのか。有言実行の小林の動きが注目される一年となるだろう。

本 手

最終更新:1/10(木) 8:03
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

あなたにおすすめの記事