ここから本文です

米バイオ医薬品企業セルジーンとロクソ・オンコロジーが買収される

1/10(木) 5:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

ピクテ投信投資顧問株式会社が、日々のマーケット情報を分析・解説します。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報を転載したものです。

2019年に入り、大手医薬品企業によるバイオ医薬品企業セルジーン、ロクソ・オンコロジーをターゲットとしたM&A(合併・買収)の発表が相次ぎました。大手医薬品企業や大手バイオ医薬品企業が将来の成長に備えパイプライン(新薬候補)を充実させるためにバイオ医薬品企業をターゲットとしたM&Aは継続するものと見られます。また、2018年10月以降の株式市場の調整もM&Aを後押しする可能性があります。

米バイオ医薬品企業セルジーンとロクソ・オンコロジーが買収される

2019年に入り大手医薬品企業によるバイオ医薬品企業の大規模な買収が相次いで発表されました。

2019年1月3日、米大手医薬品企業ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(BMS)が米大手バイオ医薬品企業セルジーンを総額約740億ドル(約8兆円)で買収することを発表しました。両社が発表したプレスリリースによると、セルジーンの株主は、セルジーンの株式1株に対してBMSの株式1株プラス現金50ドルを受け取ることになります。買収発表の前日(1月2日)の終値でみると、買収価格(「BMSの株価+現金50ドル=102.43」)はセルジーンの株価66.64ドルを約54%上回る水準となります。

つづいて2019年1月7日、米大手医薬品企業イーライ・リリーが米バイオ医薬品企業ロクソ・オンコロジーを総額約80億ドル(約8,670億円)で買収することを発表しました。ロクソ・オンコロジーの株主は1株に対して235ドルの現金を受け取ることになり、買収発表の前営業日(1月4日)の終値139.87ドルを約68%上回る水準となります。

セルジーンの買収でBMSはがん領域、免疫および炎症領域を強化

BMSはセルジーンの買収によりがん領域を強化することができます。BMSは本庶佑・京都大学特別教授のノーベル賞受賞で話題となった固形がん治療薬オプジーボなど有力ながん治療薬を既に有していましたが、そこにセルジーンの血液がん治療薬レブラミドやポマリストが加わることで、がん領域において幅広い治療薬をそろえることとなりました。また、関節リウマチ治療薬オレンシア(BMS)や乾癬治療薬オテズラ(セルジーン)を有する免疫および炎症領域、経口抗凝固剤エリキュース(BMS)を有する心血管領域なども医薬品業界の中でも強みを持った領域となります。

さらに近く製品化されそうなパイプライン(新薬候補)については、将来の年間売上高が15億ドル超となると予想されているものも6つ(免疫および炎症領域2つ、血液(がん)領域4つ(CAR-T(キメラ抗原受容体T細胞)療法2つを含む))有しています。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事