ここから本文です

大迫勇也が「日本の救世主」 海外メディアは採点で破格の9点!「手に負えなかった」

1/10(木) 11:09配信

THE ANSWER

海外メディアが日本戦を採点

 サッカー日本代表は9日、アジアカップ初戦のトルクメニスタン戦で3-2の逆転勝ち。前半を0-1で折り返す苦しい展開も、ロシアW杯でも躍動したエースFW大迫勇也が同点、逆転の2ゴール。半端ない活躍に海外メディアも採点で最高評価の「9」をつけている。

【画像】「半端ない2ショット」「大好きな2人」とファン反響、大迫が「サッカー少年が合流しました」とつづった乾との2ショット

 格下相手に大苦戦した日本代表。やはり頼りになるのは大迫だった。後半11分に落ち着いて相手DFを交わして同点弾を決めると、その4分後には長友からのクロスを流し込み2点目。圧巻の2ゴールで日本を救った。

 米放送局「FOXスポーツ」アジア版では同戦を振り返り、出場選手を採点。大迫に最高評価の9点をつけている。

 記事では「日本は2019年AFCアジアカップ開幕戦の最後のビッグチームだ。サムライブルーは勝利でスタートを切った。しかしながら、それは辛うじてだ、日本はトルクメニスタンに支配された。そして、良いプレーを見せた選手もいたが、そうではない選手もいた。彼らの評価を見ていこう」として採点を公開。最高の評価は9点の大迫だった。

大迫に次ぐ高評価は原口と堂安

 寸評では「今夜の日本の救世主。ユウヤ・オオサコは試合を大いに楽しみ、2ゴールを挙げてサムライブルーをショックから蘇らせた。90分間至る所で、トルクメニスタンのディフェンスにとって手に負えなかった」と絶賛している。

 他の選手ではMF原口元気と、MF堂安律が大迫に次ぐ8点だった。同メディアの日本代表の採点は以下の通り。

GK権田 5点
DF長友 7点
DF槙野 6点
DF吉田 6点
DF酒井 5点
MF柴崎 7点
MF冨安 7点
MF原口 8点
MF南野 7点
MF堂安 8点
FW大迫 9点
FW北川 6点(途中出場)

THE ANSWER編集部

最終更新:1/11(金) 10:13
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事