ここから本文です

手取り10万円台、ボーナス無し。キャリアコンサルタントが自身のキャリアを描けない矛盾 (後藤和也 大学教員/キャリアコンサルタント)

1/11(金) 6:32配信

シェアーズカフェ・オンライン

■キャリアコンサルタントが自分のキャリアを築けないのでは。

さらには「キャリアコンサルティングに関連する活動で主に生計を立てている者」が21.8%である一方、「キャリアコンサルティングに関連する活動以外で主に生計を立てている者」は41%に及ぶ(前掲調査)。属人的かつ工夫次第だろうが、キャリアコンサルタントの資格を取得しても4割の人は全く別の手段で生活しているのが現状だ。

一方で、国家資格キャリアコンサルタントの試験機関であるキャリアコンサルティング協議会は「企業の採用・人材育成・組織開発の現場で、就職・転職支援の現場で、就活支援・キャリア教育の現場で、キャリアコンサルタントの専門的なスキルが求められています。」と明言する。

かねてから介護業界の低賃金・重労働が社会問題となっているように、仕事の社会的ニーズと待遇は直結するものではない。とは言え、前述の厳しい現状に全く触れることなく資格の優位性を宣伝することは筆者は好ましいものだと思えない。政府のキャリアコンサルタント5万人計画によって誕生した肝いりのキャリアコンサルタント資格であるが、それから約20年経過した現在ですら、自らのキャリア形成も怪しい状況なのだ。

■キャリアコンサルタントの未来は暗いのか?
ただし、様々な社会の変化を想定すればキャリアコンサルタントの未来は必ずしも暗くはないというのが筆者の考えだ。

政府が推進する「Society5.0」では、多様な人材(女性、高齢者、障害者など)の活躍や副業・兼業の推進による、従来の正社員以外の働き方を目指している。そこには労働者が「気づき」の機会を得られるようキャリアコンサルティングを促進することが明記されている。

昨今政府は「生涯現役社会の実現」と称して、65歳以上への継続雇用年齢の引き上げを明言している。副業解禁や女性活躍推進なども推進され、老若男女問わず働くことを巡る状況は激変しつつある。

未曽有の状況変化に応じたコンサルティング能力を磨きつつ、キャリアコンサルタント自身もパラレルな活躍の場を持つことがマストになる。それにより、企業内のキャリア面談やキャリア研修、各種の相談対応など活躍のすそ野は益々広がるだろう。逆の言い方をすれば、これまでの慣習や働き方から脱却できない場合は箸にも棒にも掛からぬ状況になる。

また、これから社会で働く学生へのキャリア教育も重要である。筆者は現在短大でキャリア教育を行っているが、人生100年時代を見据えたキャリア支援を担える人材が圧倒的に不足しているのが実感だ。労働社会の実践知を論理的に教授できるキャリアコンサルタントが強く求められている。

社会の変化に適応しニーズに的確に応えていく中で、キャリアコンサルティングが社会のインフラとなり得たとき、結果として「キャリアコンサルタントの待遇は妥当なのだろうか」という社会的な議論につながるのかもしれない。激変する労働社会に適応できるキャリアコンサルタントの未来は非常に明るいのだ。


後藤和也 大学教員 キャリアコンサルタント

【プロフィール】
人事部門で勤務する傍ら、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントを取得。現在は実務経験を活かして大学で教鞭を握る。専門はキャリア教育、人材マネジメント、人事労務政策。「働くこと」に関する論説多数。

2/2ページ

最終更新:1/11(金) 6:32
シェアーズカフェ・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

シェアーズカフェ・オンライン(SCOL)

シェアーズカフェ株式会社

SCOLはマネー・ビジネス・ライフプランの
情報を専門家が発信するメディアです。
現在書き手を募集しています。特に士業や
大学教授、専門家を歓迎します。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事