ここから本文です

ワークとライフを統合して調和をもたらすアイデア

1/11(金) 20:14配信

ライフハッカー[日本版]

ワーク・ライフ・バランス(仕事が終わったら、意識を切り替え、私生活にフォーカスする)は、多くの人が求めている理想の1つです。

【記事の全画像】ワークとライフを統合して調和をもたらすアイデア

とはいえ、オンとオフを簡単には切り替えられない人もいるでしょう。そんな人たちには、ワークとライフの統合が、望ましいライフスタイルと言えます。以前もワークとライフの統合について議論しましたが、今回は、その実現方法を詳しく見ていくことにします。

始める前に:「ワークとライフの統合」が本当に意味するものを理解する

ワークとライフの統合とは、単に、家で仕事をする時間を見つけたり、職場で家の用事をする時間を見つけることではありません。「家でできそうな仕事はどれかな」と考える代わりに、もっと大きな視野で眺めてください。生活のあらゆる領域を統合できるのがベストです。

目標は、ワークとライフのあらゆるニーズを満たすべく、時間を最大限に活用すること。Stew Friedman氏がハーバードビジネスレビュー誌で次のように語っています。

次の3つの原則から始めてください。「リアルであれ、全体的であれ、革新的であれ」 リアルであるとは、自分にとって何が重要かを明らかにして、自分らしく行動することです。

全体的であるとは、生活のある部分(仕事、家庭、地域、個人)がほかの部分にどう影響するかを理解し、大きな視野で行動すること。こうしたすべての試みが、あなたを革新的にします。創造的になって、自分と周囲の人びとにとってより良い方法とは何かを探り、実験しつづけてください。

生活の異なる領域をお互いに結びつけることは可能です。そうするための柔軟性や創造性を誰もが持っています。オープンマインドで前に進んでください。

生活のどの領域を統合するのかを書き出す

私たちは、仕事と私生活の両面でさまざまな責務を負っています。つい、どちらかがどちらかを犠牲にしがちですが、両方の要求を満たしながら統合することは可能です。

それにはまず、自分の優先事項は何かを考え、書き出してみます。優先事項が明確になれば、計画を立ててタスクを効率よくこなすことができます。優先事項を考えるときは、以下の軸が参考になります。

・健康
・社会生活
・仕事
・家族
・教育
・ペット
・楽しみ
・休息

上記の軸では過不足があるかもしれませんが、大切なのは、あなたの優先事項をしっかり把握しておくこと。自分にとって重要なこととは何かを考え、書き出してみましょう。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事