ここから本文です

初の中国出身議員を目指す:「歌舞伎町案内人」・李小牧

1/11(金) 15:01配信

nippon.com

シリーズ 日中の懸け橋

外国人の多い新宿区で区議を目指す「歌舞伎町案内人」李小牧。中国では得られない民主的な選挙に参加できること自体を楽しんでいる。前回2015年に落選したが、彼は出馬したことだけで「私は勝っている」と宣言する。

【初の中国出身議員を目指す:「歌舞伎町案内人」・李小牧】詳細記事はこちら

「私の名は『り・こまき』、『リ・シャオム(中国語の発音)』じゃないです」

2018年11月、歌舞伎町で行われたトークショーで李小牧(58)はこう挨拶した。

1988年に留学生として来日してから日本滞在30年。2015年に日本に帰化した勢いで長年生活の拠点だった東京・新宿区の区議選に立候補したが落選した。トークショーが行われたこの日、19年4月の統一地方選挙で再チャレンジすることを正式表明した。

18年12月、祖国中国では経験できなかった選挙への出馬体験を追った映像がドキュメント映画「選挙に出たい」(ケイヒ監督)として劇場公開された。中国では内容的に公開が難しくネット公開を模索しているというが、日本での公開で、改めてやる気に火がついた。

中国ではダンサーを志したが父親が文革時の造反派だったことなどから挫折した。留学し落ち着いたのが日本最大の繁華街である新宿で、チラシ配りから始めて飲食店や風俗関係を紹介するガイド役「歌舞伎町案内人」として生計を立てるようになる。

知名度が上がるに連れ歌舞伎町関連の著書を相次いで刊行、07年に雑誌「ニューズウィーク日本版」にコラムを持つなど活躍の場を広げた。中国から来日した映画関係者らにアドバイスして日中双方の芸能界と縁を結び、ジャッキー・チェンが主演し歌舞伎町を舞台とするヤクザ抗争を描いた日・香港合作映画「新宿インシデント」(09年)にも協力した。中国の報道関係者は日本に来ると彼を取材したがる。この間、日本女性も含む3人との結婚を経験し子宝にも恵まれた。いまは現場での案内は退き、歌舞伎町の一等地で故郷・湖南省の料理を提供する中華レストランを経営、さらに執筆など情報発信に力を入れている。

苦労しながら積み上げてきた経歴の中で、長く中国の国籍を捨てようとしなかった。中国には最初の中国人妻との間にできた長男や親戚もいて心が残るのは間違いない。それが突然帰化に踏み切ったきっかけを問うと、「選挙に出たかったから」と間髪を入れず返ってきた。共産党が一党独裁を続ける中国と違って自由に選挙して代表を選ぶことができる民主主義への憧れは強い。

1/2ページ

最終更新:1/11(金) 15:01
nippon.com

あなたにおすすめの記事