ここから本文です

ポセイドン・石川、馬場ももこ…… 新しいスターは地方から生まれる

1/11(金) 17:02配信

FRIDAY

山下達郎のモノマネでDA PUMPの『U.S.A.』を歌う動画をツイッターに投稿するや、話題沸騰。『エンタの神様』(日本テレビ系)に出演するなど、ローカル芸人のポセイドン・石川(36)が全国進出に成功した。

「『U.S.A.』の動画を投稿した当時、彼は地元・石川県のラーメン店でバイトしており、現地でもほとんど知られていなかった存在。最近はSNSやYouTubeで火がつくケースが増えているため、地方在住のタレントにもチャンスが生まれています」(情報番組スタッフ)

石川県と言えば、テレビ金沢の馬場ももこアナ(27)も全国区になりつつある。『全国好きな嫌いなアナウンサー大賞2017』(日本テレビ系)で見せた豪快キャラでブレイク。昨年は『行列のできる法律相談所』、『ミヤネ屋』(いずれも日テレ系)などの人気番組に起用されている。

「実は馬場アナ、昨年の段階でフリーになっています。現在は専属契約という形で、引き続きテレビ金沢の番組に出演している状態。東京の事務所からも声をかけられたようですが、金沢では水卜麻美アナ並みの人気がある。全国ネットの番組で存在を公表したカレ氏も金沢の損保マン。結婚も視野に入れているため、活動拠点を東京に移すつもりはないようです」(日本テレビ関係者)

昨年の『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)では、瀬戸内7県を中心に活動する『STU48』と沖縄発の『Chuning Candy』が新人賞に輝き、東海地方発のボーイズグループとコラボした『和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生』が企画賞を受賞した。

「イケメンユニットが出てくると、ジャニーズ事務所が潰(つぶ)しにかかるのが常。『ボイメン』は活動拠点を名古屋に絞ることで見逃してもらっていた。ところが、人気上昇にともない、東京の番組に出る機会が増加。すると、さっそくジャニーズ側が“圧力“をかけてきたそうです。ボイメンが出ると聞くや、『今回はお断りさせていただきます』と共演を拒否するんだとか」(キー局ディレクター)

吉本興業が’11年から始めた地方活性化企画『あなたの街に住みますプロジェクト』の成功を受け、地方に活動拠点を移すタレントも増えている。ワタナベエンターテインメント所属の波田陽区(43)は福岡に移住。いまやテレビ3本、ラジオ5本のレギュラーを持つ売れっ子だ。

「波田と同じワタナベの九州事業本部に所属するゴリけんとお笑いコンビ『パラシュート部隊』によるバラエティ番組『ゴリパラ見聞録』(テレビ西日本)は、大泉洋をブレイクさせた『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)に匹敵する人気です。3月にはユニット『ゴリパラ』でのCDデビューも決まっています。ワタナベでは他にも『クマムシ』の佐藤大樹が富山県出身だということで、地元・富山と隣の石川県でそれぞれ1本ずつレギュラーを持っている」(お笑いライター)

東京に行かなければスターになれない時代は終わったのだ。

最終更新:1/11(金) 17:02
FRIDAY

あなたにおすすめの記事