ここから本文です

V6 三宅健、TVアニメ『ワンピース』で番組史上初の副音声担当 声優にも初挑戦

1/11(金) 13:51配信

リアルサウンド

 V6・三宅健が、1月13日と20日放送のTVアニメ『ワンピース』(フジテレビ系)で、番組史上初の副音声を担当する。

 これは、『ワンピース』が今年、放送開始から20周年を迎えることを記念したもの。V6が、昨年10月より新曲「Super Powers」でアニメオープニングテーマを担当していることから実現した。また、同副音声にはモンキー・D・ルフィ役の田中真弓、進行としてウソップ役の山口勝平の2名も出演。「V6のメンバーを『ワンピース』のキャラクターに例えたら」といったトークが展開されるとのことだ。さらに、三宅は声優としても2週連続でアニメに出演。「囚人」と「村人」のそれぞれ違う役柄を演じている。

 なお「Super Powers」は、1月16日発売の新シングル『Super Powers/Right Now』に収録される。

リアルサウンド編集部

最終更新:1/11(金) 13:51
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事