ここから本文です

100円ショップの「iPhone充電ケーブル」って本当に使えるの? 3つの要注意ポイント

1/11(金) 17:00配信

文春オンライン

 かつては100均で取り扱われていなかった、Lightningポート搭載iPhone向けの充電ケーブルが、この2~3年で続々と登場しています。

【写真】充電テストしてみた結果――100均ケーブルは急速充電できていない

 日本ではiPhoneのシェアが高いためニーズがあるのは確実ながら、これまで取り扱いがなかったのは、ひとえに正規ライセンス取得にからむコストの問題が大きいと考えられます。いま取り扱われているのは、Appleの正規ライセンスを取得せずに機能を充電だけに絞り、また特定のiOSバージョン以下でのみ動作を保証した製品です。

 これら製品のパッケージには、Lightningケーブルという表記はどこにもなく「ライトニング端子に対応した充電ケーブル」とのみ書かれています。正規にライセンスを取得したLightningケーブルとは何が違い、どのようなリスクがあるのか、実際に各社の製品を購入して調べてみました。

100均ケーブルで気をつけるべき3つのポイント

 今回購入した3つの製品は、いずれも本家のLightningケーブルにはない、複数の共通点があります。

 ひとつは表裏があること。いずれのケーブルも、コネクタの片面に「UPSIDE」という表記があり、この面を上にして挿入するよう注意書きがあります。本家のLightningケーブルのように、表裏リバーシブルで充電できるわけではありません。

 もうひとつは、充電にしか対応しないこと。通常のLightningケーブルはPCなどとのデータ転送もサポートしますが、これらは充電以外の機能をサポートしません。パッケージで「充電ケーブル」「充電専用ケーブル」と大きく銘打っているのはこのためです。

 3つ目は、iOSの特定バージョンまでしか動作確認が取れていないこと。文言は微妙に異なりますが、3製品とも「iOSの特定バージョンで動作検証済み」「以降のアップデートでエラーメッセージが表示される可能性あり」といった意味の注意書きがあります。

急速充電では「エラーが起こりやすい」

 なぜ3社ともこうした、似たり寄ったりな仕様になっているのでしょうか。Appleは海賊版による事故を防ぐため、OSアップデートに合わせてこまめに仕様を変更し、正規の認証チップを内蔵しないケーブルを排除しようとしています。これらをパスしていない製品は将来的に使えなくなる可能性が高いため、その免責としてこうした注意書きがあるというわけです。

 また、急速充電をサポートするアダプタやモバイルバッテリーとの組み合わせで、エラーが起こりやすいのも特徴です。今回「iOS 12.1.1」環境で試したところ、iPhone添付のアダプタとの組み合わせでは3製品とも問題なく充電が行えましたが、サードパーティ製の急速充電規格のアダプタとの組み合わせでは、純正ケーブルが約2倍もの速度で急速充電できたのに対して、3製品の中には、まったく電力が供給できない(つまり使えない)製品もありました。

1/2ページ

最終更新:1/11(金) 18:36
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事