ここから本文です

無視されている「変数」こそ重要だ 無意味な人手不足の人数推計

1/11(金) 18:02配信 有料

週刊東洋経済

【今週の眼】小峰隆夫 大正大学地域創生学部教授

<2019年1月19日号> しばしば、将来の人手不足が人数で示される。「2025年には介護人材が38万人不足する」「労働市場全体の人手不足数は30年には644万人になる」といった類いの議論である。こうした人数をベースとしたアプローチに対しては、強い違和感を持っている。それは無意味であるばかりか、有害でさえあるからだ。 本文:1,243文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

小峰 隆夫 :大正大学地域創生学部教授

最終更新:1/11(金) 18:02
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る