ここから本文です

田中圭さん 映画化と「適応力」で19年も続く躍進

1/12(土) 10:12配信

NIKKEI STYLE

2019年もはや10日が過ぎました。亥(い)年は「猪突(ちょとつ)猛進」などといわれますが、年始のTV番組にはドラマを中心に今年も猛進が続きそうだなぁ……と感じる俳優さんたちが数多く登場していました。その中の一人として挙げられるのは、やはり田中圭さんでしょう。田中さんが主演した『おっさんずラブ』は2日の朝から全話一挙放送され、再びSNSで話題となっていました。

この『おっさんずラブ』は「2018ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10入りを果たし、19年夏には映画化も決定しています。

『おっさんずラブ』の人気から昨年の田中さんは、月刊誌「日経トレンディ」が選ぶ「2018年 今年の顔」に輝いた他、マルハニチロが18年10月に実施した「ぐんぐんと成長し、飛躍を遂げた『出世魚』のイメージに合う芸能人は誰か」というアンケートで、2位の竹内涼真さん、3位の菅田将暉さんを抑え、1位を獲得しています。

この1年だけを振り返っても『おっさんずラブ』を始め、民放ドラマでは『獣になれない私たち』(日本テレビ系)、映画では『スマホを落としただけなのに』など、話題作に出演。いずれの作品も、どこか頼りない雰囲気が漂う心やさしい彼氏役を演じています。

■ヘタレ男が定着した18年

そんなイメージからか、SNSでは「田中圭くん、ヘタレだけど憎めない」「頼りなくてかわいい田中圭みたいな彼氏がほしい」などといったダメ男ぶりを演じる田中さん自身への評価の声が上がっていました。

確かに、「ヘタレ男×田中圭」は18年で定着したかのようにも思います。

一方で、田中さんは11年の月9ドラマ『私が恋愛できない理由』(フジテレビ系)でデキるビジネスパーソンとしてカッコよく登場する主人公の元恋人役を演じており、その頃は正統派イケメン俳優としての道を進みそうな気配もありました。トークバラエティー番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した時も、キャーキャーと大きな声援に包まれていたことを覚えています。

そう考えると、田中さんは正統派からコメディータッチのダメ男に至るまで、枠にはまることなくその役柄になりきり、素のキャラクターを含めて自身のイメージを上手に適応させてきたことがわかります。

実は今から9年前、田中さんが25歳の頃にラジオ番組の中で単独インタビューさせていただいたことがあるのですが、その適応力については、すでにご本人も意識している様子でした。

「今後どのような俳優さんを目指していきたいか」という質問に対し、当時から仲の良かった小栗旬さんの名前を出して次のように答えてくれました。

「(すでにドラマや映画に主演している)旬君の活躍には背中を押されます。友達の活躍に励まされながらも、僕には僕なりの進み方があると思うので、今、与えられた役、仕事に向き合っていくことが一番で、『自分はこうでなくちゃ』とか決めずに目の前にあることに真剣に向き合っていきたいです。そうするなかで自分の俳優としての存在価値も高まってくると思います」

若手イケメン俳優として人気を得そうであった当時の田中さんにしてみれば9年後に『おっさんずラブ』のような変化球ドラマでブレークするとは思いもしなかったでしょうが(笑)、この9年間で様々な脇役を受け入れ続けたなかで、18年に社会現象ともなる主役と巡り合い、俳優・田中圭の存在価値は確実に高まり、不動のものとなりました。

1/2ページ

最終更新:1/12(土) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

あなたにおすすめの記事