ここから本文です

高須院長 前澤社長の1億円お年玉に「金の使い方を知ってる」

1/12(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、世間を賑わせているZOZOの前澤社長による「1億円お年玉企画」についてお話をうかがいました。

 * * *
──今年の年始は、ZOZOの前澤友作社長の1億円お年玉企画がネットで大きな話題となりました。前澤社長がツイッターでお年玉企画を告知し、前澤社長をフォローした上で当該ツイートをRTしたユーザーの中から100人に100万円のお年玉をプレゼントするという企画です。最終的にはRT数は545万件以上となり、RT数の世界記録を樹立しました(1月9日現在)。

高須:あれは面白い企画だよね。お金の使い方としてはなかなか賢いよ。だって、宣伝効果はものすごいからね。RT数はもちろんだし、メディアもたくさん取り上げたじゃないの。テレビCMを打つより、何倍も宣伝効果がある。ネットの拡散力の大きさを本当に痛感するね。それこそ、マスメディアよりも社長本人のほうが大きな拡散力を持っているということなんだから、すごいと思う。

 ちなみに、高須クリニックもテレビCMをたくさん出しているけど、こちらは必ずしも宣伝だけが目的ではない。その番組や出演者を応援したいから、スポンサーになっているという要素が大きい。単純に宣伝だけをしたいなら、僕もテレビCMを打つより、ネットでいろんなことをやったほうがいいだろうしね。

──前澤社長のお年玉企画について、院長はツイッターで「面白い」とつぶやいていましたね。ただ、「だったら10人に1000万円あげるほうが夢があるのに」ともつぶやかれていました。

高須:そうそう。いきなり1000万円もらえるほうが、夢があるでしょ。どうせやるなら、できるだけ豪快にやりたい。“100人に100万円”というのは、ちょっとお行儀が良すぎる(笑い)。

 ただねえ、大きな額のお金をプレゼントするのはちょっと難しいんだよ。僕も女子アイスホッケー代表チームに現金1億円を寄付しようとしたら、断られたことがあるしね。いろいろと文句を言ってくる人も出てくるだろうし。そう考えると、100人に100万円というのは妥当なのかもしれないなあ…。企画を成立させたという意味では、前澤社長の選択は正しかったと言えそうだね。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事