ここから本文です

中日・又吉克樹投手「ラフテー、ジューシー、そしてウサンミ」/帰省

1/12(土) 12:04配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「帰省」です。

中日・又吉克樹投手

 高校を卒業後の約10年間、年末年始は毎年、沖縄に帰っています。当然、家族や親戚が集まるのですが、実は「お雑煮」とか「おせち料理」を食べたことはほとんどありません。

 沖縄で正月と言えば、「宮廷料理」のような食事。基本的にはラフテー(豚の角煮)やジューシー(炊き込みご飯)のような郷土料理なのですが、「海・天・地」の恵みを食材として使う御三味(ウサンミ)と呼ばれる重箱料理も伝統的な文化です。そういった正月が普通だったので、僕自身は「おせち料理」に特別の興味を持つこともありませんでした。

 プロに入ってからも年末年始は沖縄で過ごすので、「お雑煮」を食べたことは数回あったかなあ、という程度。やはり生まれ故郷での正月が落ち着きます。

写真=BBM

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事