ここから本文です

身体重心を感じられればスイングは安定する

1/12(土) 5:00配信

商業界オンライン

  ゴルフはスイングのことばかり考えがちですが、スイングの前提である身体重心(体の重さの中心位置)の感じ方は大変大事だと思います。正しく身体重心を感じることができるとスイング中の姿勢が安定し、トップ、ダフりが激減します。ゴルフが面白くなりますよ。今回は身体重心の感じ方について記します。

大事なのは押されても動かない状態

 私の知っている限りでは、身体重心の感じ方には次の3つがあります。

(1)両足の親指の付け根で身体重心を感じる

(2)両足の真ん中で身体重心を感じる

(3)両足の踵で身体重心を感じる

 何でもありなのだなということがよく分かります。大事なことは方法ではなく、身体重心を感じた結果、どんな状態になるのが正しいかということです。

 正しい状態は「アドレスをとったとき、第3者に頭や胸、背中を押されても、倒れ込まないこと」です。この状態を維持するために、親指の付け根、真ん中、踵のどれが良いのかを探します。

 少々昔になりますが、野球の元巨人軍・王貞治氏が身体重心を感じるために「合気道」を取り入れ、一本足打法を完成させたことは有名な話です。最近では、王氏の師匠であった荒川博氏を師事した上田桃子プロが復活し、久しぶりの優勝を果たしましたが、上田桃子プロはボールを打つときに合気道を利用して、身体重心を感じるアドレスの取り方を体得したそうです。

合気道による押されても動かない身体重心の感じ方  文字通り、押されても動かないようになるためには、アドレス時、トップ時、フィニッシュ時に、知人に前後左右から頭、肩、背中を押してもらい、動かない立ち方を探します。

 私が教えてもらった合気道の先生は「頭のテッペンから天に向かい、足の真ん中から地中に向かって気が出ていると思い、立ちなさい」と言っていました。気が出ていれば、押されても動かないと教えてくれました。

 このようにして押されても動かない立ち方を探し、結果として自分は親指付け根、真ん中、踵のどこに身体重心を感じているときに押されても動かないのかを確認します。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

商業界オンライン

株式会社商業界

流通業界で働く人の
オールインワン媒体

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事