ここから本文です

春高バレー準決勝/前回大会女王の金蘭会高が連覇に王手

1/12(土) 15:41配信

月刊バレーボール&月刊バスケットボール

主力の3年生がムードをもり立てた

 『第71回全日本高等学校選手権大会』は1月12日(土)に準決勝が行われ、第2試合・女子は金蘭会高(大阪)が八王子実践高(東京)を3-0で下し、決勝進出を果たした。

 金蘭会高はエースの西川有喜(3年)が闘志むき出しに得点を重ね、曽我啓菜(3年)や中澤恵(3年)のミドルブロッカー陣がチームをけん引した。「(インターハイ、国体と苦い思いをしてきた)下北沢成徳高と戦うまでは負けられない、と言ってきました。決勝の相手は東九州龍谷高(大分)、再度引き締めます」と池条義則監督は言葉に力を込めた。

 八王子実践高は住田帆志乃(3年)主将を中心に、大川愛海(1年)や黒須咲良(1年)ら1年生が攻めるもはね返された。

月刊バレーボール&月刊バスケットボールの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事