ここから本文です

クリエイティヴの漂流者たちよ、「THU」という名の船に乗れ

1/12(土) 13:11配信

WIRED.jp

世界中のアーティストが「体験」を求めて集まるポルトガル発のクリエイティヴコミュニティ「Trojan Horse Was Unicorn(THU)」。そのスピリッツを体験できるギャザリングイヴェントが、2018年に東京で初開催された。「THU Gathering Tokyo」のホストを務めた塩田周三(ポリゴン・ピクチュアズ代表)の思いとは?

希望という名のカンフル剤

Trojan Horse Was Unicorn(トロイの木馬はユニコーンだった)。略してTHU。ポルトガルにて発祥した一風変わった名をもつこのイヴェントは、3DCGやVFX、ゲーム、コンセプトアートといった分野のアーティストが一同に集まる、いうなればクリエイティヴのためのブートキャンプ。参加者たちは開催地に6日間滞在し、日夜開かれるアーティストによる講演やディスカッション、技術を学ぶマスタークラスなどで、アイデアやインスピレーションのシャワーを浴び続けるという。

誕生から6年目を迎えた2018年、そんなTHUが国境を超え日本で開催される運びとなった。しかし、THUの3文字に反応する日本人クリエイターは、ほとんどいないだろう。

「クリエイターの祭典? 聞いたことないぞ」「招待されたんだけど、いったい何がおっ始まるの?」

首をかしげる招待客たちの前に姿を現したのは、ホスト役を務めるポリゴン・ピクチュアズの代表・塩田周三。壇上に立つや、唐突に「よいしょ!」のかけ声、ドぉン! と酒樽が割れる音。まさかの鏡開きで幕を開けた「THU Gathering Tokyo」、配られるのはシャンパングラスではなくお猪口だ。しかも……。

「そのお猪口はおひとりさま1個、持って帰ってくださいね。今回のためにつくりました!」

お土産にお猪口!? なんと斬新な。取材の身ながら筆者も般若湯のご相伴にあずかりつつ、ところ狭しとフロアに並んだ屋台をちら見。どうやら今夜は立食パーティの類、らしいのだが……。

メインディッシュはなんと銀シャリそのもの。それも小振りで気取った握り寿司ではなく、大きくて熱々の「握り飯」だ。ヴァラエティに富んだ総菜、梅に塩昆布、極めつけは冷や汁。純和風の、そして、どこか親しみのわくメニューが目白押しである。

「旨いもん、たくさん食べてってくださいね! どんどんメニュー変わりますから」

ハンドマイクを離さない塩田が、祭をぐいぐい引っ張っていく。彼が「サーヴィス精神の塊」だと見当はついていたものの、意外な「和」の大判振る舞いには、どこか真剣勝負の気迫、心意気のようなものが感じられる。

会場こそ都会の小洒落たイヴェントスペースだが、中身はざっくばらんな下町のノリ。だったら何か余興もほしいところ……などと思うが早いか、ドンピシャで生演奏が始まった。

お高くとまらない、気の置けないお祭り空間。当の塩田に主催者の真意を尋ねてみた。

1/2ページ

最終更新:1/12(土) 13:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事