ここから本文です

恒松祐里、香取慎吾×白石和彌監督『凪待ち』ヒロインに 「光を求めてがむしゃらに頑張りました」

1/12(土) 5:00配信

リアルサウンド

 『くちびるに歌を』『散歩する侵略者』の恒松祐里が、香取慎吾主演映画『凪待ち』のヒロイン役を務めることが発表された。

【写真】『散歩する侵略者』で“侵略者”を演じた恒松祐里

 本作は、主演の香取と、『孤狼の血』『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌監督が初タッグを組んだ、“喪失と再生”を描く人間ドラマ。白石監督とはNetflixオリジナルドラマ『火花』でも組んだ、『クライマーズ・ハイ』『ふしぎな岬の物語』の加藤正人が脚本を担当した。

 香取が演じるのは、パートナーの女性とその娘・美波と共に、彼女の故郷・石巻市で再出発しようとする男・郁男。平穏に見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう。

 恒松が演じるのは、本作のヒロインとなる、香取演じる郁男のパートナーの女性の娘・美波役。ヒロイン役に抜擢された恒松は、「今作で初めて共演させて頂いた香取慎吾さんは小さい頃から拝見していた方でしたので、お会いする時までドキドキしていたのですが、とても優しく誰に対しても同じ目線で温かく接して下さる方だったので、直ぐに役の関係性のように慕わせて頂く事が出来ました。香取さんの大きな背中があったから美波として生きられた気がします」とコメントしている。

【恒松祐里(郁夫のパートナーの娘・美波役)コメント】
初めて脚本を読んだ時、ずっと少し寂しくて苦しくて深い海底の暗闇の中を行き場もなく彷徨っているような作品だなと思いました。でも最後の方で微かに一筋の光が見えたように感じました。撮影中は私の役にとって辛い事ばかり起きましたが、その光を求めてがむしゃらに頑張りました。白石和彌監督はそんな私のお芝居をどんな時も優しく見守って下さりました。今作で初めて共演させて頂いた香取慎吾さんは小さい頃から拝見していた方でしたので、お会いする時までドキドキしていたのですが、とても優しく誰に対しても同じ目線で温かく接して下さる方だったので、直ぐに役の関係性のように慕わせて頂く事が出来ました。香取さんの大きな背中があったから美波として生きられた気がします。素敵な方々と出会い、お仕事をする事が出来て本当に光栄でした。作品の中で私が感じた光を皆さんにも感じて頂けたらと思います。公開を楽しみにしていて下さい!

リアルサウンド編集部

最終更新:1/12(土) 5:00
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事