ここから本文です

高須院長が選ぶ! ヒアル注入したい女性芸能人TOP3は「幸せなのにしなびすぎ!」

1/12(土) 13:00配信

週刊女性PRIME

 年末年始のテレビ番組出演者の中にも数人いた、「シワっぽくなった?」「ほうれい線が気になる」などとネットでささやかれる女性芸能人。

【写真】宮沢りえ&森田剛が娘の運動会に参加する姿、夏帆のデート現場など

 中でも特に劣化が指摘されているのは、夏帆(27)、長澤まさみ(31)、木下優樹菜(31)、石原さとみ(32)、沢尻エリカ(32)、吉川ひなの(39)、奥菜恵(39)、宮沢りえ(45)、松嶋菜々子(45)、梨花(45)、YOU(54)。

 彼女たちは果たしてプチ整形などでケアをしたほうがいいのか? 女性芸能人の美に厳しい、美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

――プチ整形の話になるとまず名前が上がるのが“ヒアルロン酸”だと思いますが、主な使い方とどのような効果があるのか教えてください。

高須「まず、ヒアルロン酸は人間の身体にある成分と同じです。効果はざっくり言うとボリューム出しだね。例えばシワやこけた頬など、肌の溝やヘコんだ部分を膨らませたり。他にはリップラインや鼻の根本、顎やおでこといったフェイスラインを美しく整えるなど。これが主な使い方でしょう」

――なるほど! だいたいどれくらい持つものなのでしょうか?

高須「最近は昔より持ちがよくなり、1~3年くらい持つものが人気だよ。『長期持続型ヒアルロン酸』で検索すると出てきます。でも、あまりキープできているか気にし過ぎず、減ってきたから再注入しようかな、くらいでOK! あまり入れ過ぎると某くちびるオバケとかパンパンの頬になっちゃうよ!」

――高須院長がいつもおっしゃってる“いかにも顔”ですね! 

高須「そうです。加減やバランスを把握しないと、せっかくキレイにした意味がなくなっちゃうからね。それにヒアルロン酸注入は施術も短時間で済み、そのままメイクして帰れる手軽さも魅力。仕事を休む必要もないんだから、仕上がりは程よいくらいにね」

――わかりました! ところで今回はアジア人で初めてヒアルロン酸注入をしたという高須院長に、もっときれいになるためにヒアルロン酸注入をおすすめしたい女性芸能人についてジャッジをお願いします! ネットの声を参考に編集部が選んだのは、夏帆さん、長澤まさみさん、木下優樹菜さん、石原さとみさん、沢尻エリカさん、吉川ひなのさん、奥菜恵さん、宮沢りえさん、松嶋菜々子さん、梨花さん、YOUさんです。彼女たちの現在の顔写真を見て、どう思われますか?(全員の写真を見せる)

1/3ページ

最終更新:1/12(土) 13:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」3/26号

特別定価400円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事