ここから本文です

通算100得点到達のS・ラモスより多くのゴールを決めたDFは? ランキング上位にはあの元日本代表も!

1/12(土) 19:44配信

SOCCER DIGEST Web

驚異の左足を誇ったロベカルは8位。

レアル・マドリーのセルヒオ・ラモスは、1月9日のコパ・デル・レイ5回戦第1レグで先制点を挙げ、公式戦通算100ゴールの大台を突破した。

【PHOTO】2018年の日本サッカー界を彩った「美女サポーター」たち

 チャンピオンズ・リーグ決勝といった大舞台でも貴重なゴールを決め、DFというポジションながら通算100ゴールという記録を達成したS・ラモスの偉大さに疑いの余地はない。

 ただ、上には上がいる。イタリア衛星放送『Sky Sport』は1月11日、S・ラモス以上にゴールネットを揺らしてきたDFたちをフォトギャラリー記事で紹介した。トップ10の顔ぶれを、10位から見ていこう。
 
10位:フランツ・ベッケンバウアー
バイエルンなどで活躍した元ドイツ代表の「皇帝」は、812試合で108得点を記録した。

9位:エドガルド・バウサ
ロサリオ・セントラルやインデペンディエンテでプレーした元アルゼンチン代表は、ベッケンバウアーを下回る565試合で同じ108得点をマークしている。

8位:ロベルト・カルロス
「ロベカル」の愛称でマドリーをはじめとする数々のクラブで愛された元ブラジル代表は、945試合で113得点を挙げた。

7位:スティーブ・ブルース
現在は指導者を務めるマンチェスター・ユナイテッドのOBは、926試合で113得点を記録。

6位:田中マルクス闘莉王
現在も京都サンガでプレーする元日本代表は、123得点をマークして見事ランクイン。

5位:グレアム・アレクサンダー
プレストン・ノース・エンドやバーンリーに在籍した元スコットランド代表は、873試合で130ゴールを記録している。

4位:パウル・ブライトナー
バイエルンやマドリーで栄光を手にした元ドイツ代表のレジェンドは、わずか420試合で131得点をマークした。

3位:ローラン・ブラン
母国のモンペリエやマルセイユのほか、インテルやマンチェスター・U、バルセロナでもプレーした元フランス代表は、699試合で153ゴールを挙げている。

2位:ダニエル・パサレラ
リーベル・プレートのレジェンドはフィオレンティーナやインテルなどでもプレーし、521試合で175得点を記録。

1位:ロナルド・クーマン
母国オランダを代表する名門クラブやバルサで活躍した元オランダ代表は、763試合で歴代最多の253得点をマークした。

闘莉王を除けば、いずれもすでに引退しているサッカー界のレジェンドたちだ。32歳のS・ラモスは、偉大な先輩たちにどこまで追いつけるだろうか。

最終更新:1/12(土) 19:44
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事