ここから本文です

“神ループ弾”に会場騒然! 天才MF小野伸二「トップ10ゴール」…古巣フェイエノールト特集

1/12(土) 20:03配信

Football ZONE web

古巣フェイエノールト、4分超の「小野伸二」ゴール集映像を投稿…ランキング形式で紹介

 華麗なテクニックでファンを魅了した天才MFのプレーは今も語り継がれている。元日本代表MF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)がかつて所属したオランダ1部フェイエノールトが、クラブ公式YouTubeチャンネルで「トップ10ゴール|シンジ・オノ」の動画を公開。4分超にわたる映像に小野の活躍が凝縮され、ランキング形式でゴールを紹介している。

【動画】1位は会場騒然の“25m神ループ弾”! 古巣フェイエノールトがランキング化…元日本代表の天才MF小野伸二「トップ10ゴール」

 2001年、浦和レッズからオランダの名門フェイエノールトに加入した21歳の小野は、移籍1年目ながらスタメンに定着。リーグ戦30試合3ゴールをマークし、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)では8試合2ゴールと結果を残し、日本人選手として初めて欧州カップ優勝を達成した。その後5シーズンにわたって在籍し、卓越したスキルで多くのファンを魅了している。

 そんな小野のゴール集をフェイエノールトが公式YouTubeチャンネルで特集。トップ10ゴールをランキング形式で厳選している。

 胸トラップからの圧巻ボレーや強烈ミドルシュートをはじめ、相手の壁を無力化した華麗なFK、コンビネーションで中央を切り崩したゴールなどが選出。そのなかで堂々の1位に選ばれたのが25メートルのループ弾だ。

 移籍1年目の2001-02シーズンのリーグ第26節、本拠地AZアルクマール戦に先発した小野は、1-0とリードして迎えた前半31分にホームのファンを沸かせる。

小野も手を回して歓喜 「世界的名手」「最も技術的才能に優れた選手の1人」と反響

 フェイエノールトは右サイドから中央にパスを送ると、ペナルティーエリア手前でボールを受けた元デンマーク代表FWヨン・ダール・トマソンが後方に落とし、そこに走りこんだのが小野だった。相手2人が寄せるなか、小野はダイレクトで右足を振り抜くと、相手7人とGKの頭上を越すループシュートを放ち、意表を突かれたGKも触り切れずにそのままゴールネットを揺らした。

 この“神ループ弾”にホーム会場は大歓声に包まれ、小野も右手をクルクル回したかと思うと左手も回してファンの声援に応える。すぐさまチームメートらが駆け寄り、主役を抱え上げて祝福した。試合も4-1で勝利している。

 返信欄では「世界的名手」「これまでフェイエノールトでプレーした選手の中で最も技術的才能に優れた選手の1人」など称賛のコメントが並んだ。圧倒的な存在感を示した天才MFのプレーは今や伝説と化している。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/12(土) 20:03
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事