ここから本文です

ツインバード工業(6897)、株主優待の新設で、配当+株主優待利回り=6.1%に! 場中に発表した直後から株価が急騰して、前日比+18.82%のストップ高に!

1/12(土) 21:05配信

ダイヤモンド・ザイ

 【※2019年1月の株主優待の情報はこちら! 】
⇒【2019年1月の株主優待の内容と利回りを調査! 】定番のダイドーグループ、丸千代山岡家、鳥貴族や、優待リニューアルのタカショーなど注目銘柄を紹介! 

【詳細画像または表】

 調理用機器や照明などを手掛けるツインバード工業株式会社が、株主優待を新設することを、2019年1月11日の13時に発表した。

 ツインバード工業が新設する株主優待は、毎年2月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上保有する株主を対象に、保有株数に応じて、自社ECサイトでのショッピングが最大50%割引になる『株主優待クーポン』を贈呈」というもの。

 もらえる「株主優待クーポン」は保有株数に応じて2000~1万円分だが、クーポンは最大50%割引でしか使えない点には要注意。たとえば、1万円分のクーポンを持つ人が2万円分の買い物をすると1万円分の割引が受けられるものの、同じく1万円分のクーポンを持つ人が1万2000円分の買い物をした場合は、1万円が割引になるわけではなく、割引額は50%の6000円分となる。クーポンは1回しか利用できないので、この場合は残額の4000円分は未使用のまま使えなくなる。

 ツインバード工業がこの株主優待を新設する目的は、「株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への投資魅力を高め、中長期にわたり株式を保有する株主様の増加を図り、併せて多くの皆様に当社事業へのご理解を深めていただくこと」とのことだ。

 ツインバード工業の株主優待は、2019年2月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から実施される。なお、初回は継続保有期間の縛りはないが、2020年2月期からは「1年以上の継続保有」が株主優待を受けるための条件となる。

ツインバード工業が新設する株主優待の詳細と利回りは?

  ■ツインバード工業が新設する株主優待の詳細

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  2月末
  100株以上
  株主優待クーポン2000円分
  1000株以上
  株主優待クーポン5000円分
  2000株以上
  株主優待クーポン1万円分
  備考
  ※2020年2月期の株主優待から、「1年以上の継続保有」も必須条件となり、
 毎年2月末・8月末時点の株主名簿に連続して3回以上記載されていることが必要に。

 ツインバード工業の2019年1月11日時点の終値は505円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

 (100株保有の場合)
投資金額:100株×505円=5万500円
優待品:2000円分
株主優待利回り=2000円÷5万500円×100=3.96%

 (1000株保有の場合)
投資金額:1000株×505円=50万5000円
優待品:5000円分
株主優待利回り=5000円÷50万5000円×100=0.99%

 (2000株保有の場合)
投資金額:2000株×505円=101万円
優待品:1万円分
株主優待利回り=1万円÷101万円×100=0.99%

 ツインバード工業が新設する株主優待は、自社の調理家電やクリーナー、理美容家電などを割引価格で購入できるクーポン。同社のECサイト「ツインバード・ストア」には、おしゃれで魅力的な商品が揃っているので、個人投資家の注目を集めそうだ。しかも、100株保有時にクーポンを額面通りに利用できた場合、株主優待利回りは3.96%と高水準。同社は配当利回りが2.18%のため、100株保有時の配当+株主優待利回り=6.14%と、非常に高い水準になる。なお、株主優待を導入するという開示は2019年1月11日の13時に発表されたため、後場で株価はストップ高まで急騰し、前日比+18.82%(+80円)で引けている。
【※関連記事はこちら! 】
⇒株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授!  二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと! 

 ツインバード工業は、新潟県燕市に本社を置き、調理用家電など小物家電を手掛けている企業。株主優待の新設と同時に発表された2019年2月期第3四半期の連結業績は、前年同期比で売上高が減収。利益面でも損失計上となっているが、直近では「回復基調」としている。2019年2月期の通期の連結業績予想は、従前より変更はなく、すべて前期比で売上高5.8%減、営業利益18.2%増、経常利益52.1%増、当期純利益1.4%増。

 【※2019年1月の株主優待の情報はこちら! 】
⇒【2019年1月の株主優待の内容と利回りを調査! 】定番のダイドーグループ、丸千代山岡家、鳥貴族や、優待リニューアルのタカショーなど注目銘柄を紹介! 

 ■ツインバード工業

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 電気機器
 6897
 東証2部
 2月末
 株価(終値)
 単元株数
 最低投資金額
 配当利回り
 505円
 100株
 5万500円
 2.18%
 【ツインバード工業の最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2019年1月11日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

ザイ・オンライン編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事